フロレス県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フロレス県

Flores
Departamento de Flores
フロレス県の旗
フロレス県の紋章
紋章
フロレス県と県都の位置
フロレス県と県都の位置
ウルグアイの旗 ウルグアイ
県都 トリニダ
行政
 • 県知事 アルマンド・カスタインデバト (国民党)
面積
 • 合計 5,144km2
人口
(2004)
 • 合計 25,104人
 • 密度 4.88/km2
等時帯 UTC-3
 • 夏時間 UTC-2
住人の呼称 Florense
ウェブサイト http://www.imflores.gub.uy/

フロレス県西: Departamento de Flores[1]は、ウルグアイ南部の県。フローレス県とも表記される。県都はトリニダ

歴史と文化[編集]

マヒモ・サントス政権時に設置された。県名はコロラド党を結成したトリニダ出身のベナンシオ・フロレススペイン語版英語版にちなみ名付けられた。

県内には有史以前に描かれた多くの岩絵の遺跡があるが、なかでもチャマンガ地区に多い[2]

フロレス県はダニーロ・パリャレス・エチェベリーアやドゥオ・チャマンガなど、多くの著名な音楽家・音楽グループを輩出した。

経済[編集]

県都トリニダ以外では農業が基幹産業で、主に肉用牛や羊が飼われている。平原では現在でもガウチョが馬にまたがっている光景を目の当たりにできる。地元でエスタンシアスと呼ばれる牧場には、観光客が訪れることのできるものもある[3]

フローレス県では伝統を守りながらも、現代技術の長所のみを取り入れている。例えばトリニダ市内では現在でも馬車が走っているが、通信は全てデジタルで、ワイヤレスインターネットも全県で利用できる。

動植物[編集]

フロレス県では百種類以上の鳥が見られる。例えば、塀を支える柱の上には赤褐色をしたカマドドリが、その名の通りカマドのような巣をつくる。高いユーカリの木には、緑色をしたオウムが巨大な巣をつくる。平野では地元でテロスと呼ばれるナンベイタゲリ、アナホリフクロウ、カンムリシギダチョウなどが見られ、その上空をハネナガチュウヒ、ワシ、タカなどが飛ぶ。閑静な田舎道ではベニヘラサギカワセミが、牧草地ではトキの群れやダイサギが見られる。木立にはノドグロコウカンチョウ、チャバラエボシゲラ、ハサミヨタカなどがいる。豊かな草地には夕暮れになると長く、分かれた尾を持ったタイランチョウがやってくる。春から秋にかけて広がる背の高い紫色の植物のじゅうたんには、アオムネヒメエメラルドハチドリが蜜を吸いにやってくる。

県有の未開拓の牧草地にはテグートカゲ、アルマジロ、キツネ、スカンク、ウサギ、フクロネズミ、ヘビなどが生息している。

県都トリニダにも自然保護区がある。

人口動静[編集]

県の総人口は2万5000人だが、そのうち2万人が県都トリニダに住んでいる。人口密度は1平方キロメートルあたり5人と、ウルグアイの県のなかでも最も低い。しかし、家畜が35万頭も飼育されている。

2004年の国勢調査時点で、県内には2万5104人、8137世帯が住んでいる。一世帯あたりの平均人員は3.0人で、女性100人に対し男性は97.5人いる。

  • 人口増加率 : -0.313%(2004年)
  • 出生率 : 人口1000人あたり14.20人(2004年)
  • 死亡率 : 人口1000人あたり9.97人
  • 平均年齢 : 34.2歳(男性32.8歳、女性35.7歳)

平均寿命(2004年)

  • 平均 - 76.96歳
  • 男性 - 75.98歳
  • 女性 - 81.10歳
  • 家族の平均サイズ - 妻一人に対し子ども2.13人
  • 人口5000人以上の都市部の平均所得 - 一月あたり1万5754.1ペソ

主な都市[編集]

人口1000人以上

都市名 原語表記 人口
イスマエル・コルティナス Ismael Cortinas 1069人
トリニダ Trinidad 2万982人

ゆかりの人物[編集]

  • アルマンド・カスタインデバト - フローレス県政の長
  • ダニーロ・パリャレス・エチェベリーア - 作家、音楽家。「フローレス賛歌」の著者
  • ファウスティーノ・ハリソン - 元ウルグアイ大統領
  • ベニト・モデーロ - 1960年代の農民指導者。70年代には閣僚にのぼりつめた

脚注[編集]

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月17日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]