フレーム発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フレーム発光(フレームはっこう)とは、炎中で原子化・熱励起された物質が基底状態に戻る際に、元素に固有の光を発する現象のことである。

フレーム発光分光法[編集]

フレーム発光分光法は、試料を炎中で原子化し、そこからの発光スペクトルを測定することで、試料中の元素の同定および定量を行うものである。主として、工場排水などの水溶液中に含まれる微量元素の検出に用いられる。

関連項目[編集]