フルオロニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フルオロニウム
{{{画像alt1}}}
識別情報
ChemSpider 19122106 チェック
ChEBI
特性
化学式 H2F+
モル質量 21.01428 g mol-1
精密質量 21.014053269 g mol-1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フルオロニウム(Fluoronium)は、化学式H2F+の無機カチオンである。非常に強い酸で、薄いフルオロニウム溶液は腐食性があり、皮膚に損傷を与える。フッ化水素プロトン化か自己イオン解離によって生成する。

HF + H+ → H2F+

または

3HF H2F+ + HF
2

フルオロニウムイオンは、水やアミドイオンと等電子である。

他のハロニウムイオンを含む安定な有機化合物は1970年代から知られていたが[2]、フルオロニウムのアナログは、2013年に不安定で半減期が短いものが発見されるまで知られていなかった[3]

フルオロニウムイオンの力学的な不安定性は、フルオロアンチモン酸の非常に強い酸性の原因になっている。

出典[編集]

  1. ^ Fluoronium (CHEBI:50314)”. Chemical Entities of Biological Interest (ChEBI). UK: European Bioinformatics Institute. 2014年11月3日閲覧。
  2. ^ George A. Olah, John R. DeMember (1970年). “Friedel-Crafts chemistry. V. Isolation, carbon-13 nuclear magnetic resonance, and laser Raman spectroscopic study of dimethylhalonium fluoroantimonates”. J. Am. Chem. Soc. 92 (3): 718. doi:10.1021/ja00706a058. 
  3. ^ Ritter, Stephen K.. “Concentrates: Fluorine’s Positive Side Revealed”. Chemical & Engineering News 91 (14): 36.