フリオ・セサール・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フリオ・セサール・グリーン
基本情報
本名 フリオ・セサール・グリーン
階級 ミドル級
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
誕生日 1967年5月19日(49歳)
出身地 ラス・テレナス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 27
KO勝ち 19
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

フリオ・セサール・グリーンJulio Cesar Green、男性、1967年5月19日 - )は、ドミニカ共和国プロボクサー。第21代WBA世界ミドル級王者。

来歴[編集]

1990年10月30日、アメリカ合衆国でプロデビュー。

1993年10月23日、NABF北米スーパーウェルター級王座を獲得した。同王座は2度の防衛に成功した。

1995年6月16日、WBA世界スーパーウェルター級王座決定戦でカール・ダニエルズ(アメリカ)と対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

1997年8月23日、階級を上げWBA世界ミドル級王者ウィリアム・ジョッピー(アメリカ)と対戦し、12回3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

1998年1月31日、ウィリアム・ジョッピーとダイレクトリマッチで5ヶ月ぶりに再戦し、12回0-3の判定負けを喫し初防衛に失敗し王座から陥落した。

1999年2月20日、WBA世界ミドル級暫定王座決定戦でダーレン・オバーオーストラリア)と対戦し、9回TKO勝ちを収め暫定ながら1年1ヶ月ぶりの王座返り咲きに成功した。

1999年9月24日、ウィリアム・ジョッピーと王座統一戦で対戦し、7回TKO負けを喫し王座統一に失敗、7ヵ月保持していた暫定王座は正規王座に吸収される形で消滅した。

2002年7月27日、階級を上げWBA世界スーパーミドル級王者バイロン・ミッチェル(アメリカ)と対戦し、4回TKO負けを喫し2階級制覇に失敗した。

2004年3月13日、WBCインターナショナルスーパーミドル級王者ミッケル・ケスラーデンマーク)と対戦し、初回KO負けを喫しまたしても2階級制覇に失敗した。

2004年9月3日の試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ウィリアム・ジョッピー
第21代WBA世界ミドル級王者

1997年8月23日 - 1998年1月31日

次王者
ウィリアム・ジョッピー
暫定王座決定戦 対戦者
ダーレン・オバー
WBA世界ミドル級暫定王者
1999年2月20日 - 1999年9月24日
次暫定王者
王座統一戦により消滅