フランソワーズ・ド・ブラガンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランソワーズ・ド・ブラガンス
Françoise de Bragance
1850s watercolour portrait of Princess Francisca of Brazil, "Princess of Joinville" by Winterhalter (Versailles).jpg
フランソワーズ・ド・ブラガンス(ヴィンターハルター画)
称号 ジョアンヴィル公妃
出生 (1824-08-02) 1824年8月2日
リオ・デ・ジャネイロ
死去 (1898-03-07) 1898年3月7日(73歳没)
パリ
配偶者 ジョアンヴィル公フランソワ・ドルレアン
子女 フランソワーズ
ピエール
父親 ブラジル皇帝ペドロ1世
母親 マリア・レオポルディナ・デ・アウストリア
テンプレートを表示

フランソワーズ・ド・ブラガンスFrançoise de Bragance1824年8月2日 - 1898年3月7日)は、フランスルイ・フィリップの三男ジョアンヴィル公フランソワの妻。

生涯[編集]

ブラジル皇帝ペドロ1世と皇后マリア・レオポルディナの四女として、リオ・デ・ジャネイロで生まれた。ポルトガル語での全名は、フランシスカ・カロリーナ・ジョアンナ・カルロッタ・レオポルディナ・ロマナ・クサヴィエ・デ・パウラ・ミカエラ・ガブリエラ・ラファエラ・ゴンザガ・デ・ブラガンサ(Francisca Carolina Joanna Carlotta Leopoldina Romana Xavier de Paula Michaela Gabriela Raphaela Gonzaga de Bragança)。姉にポルトガル女王マリア2世、弟にブラジル皇帝ペドロ2世がいる。

1843年にフランソワと結婚し、以下の2子をもうけた。

1898年、パリで死去した。

晩年のフランソワーズ