フランシスコ・ハビエル・デ・エリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランシスコ・ハビエル・デ・エリオ
Francisco Javier de Elío
General Francisco Javier de Elío (Museo del Prado).jpg
生年月日 1767年
出生地 パンプローナ
没年月日 1822年
死没地 バレンシア

在任期間 1811年1月19日 - 1812年1月
テンプレートを表示

フランシスコ・ハビエル・デ・エリオFrancisco Javier de Elío, 1767年 - 1822年)は、スペインの政治家、軍人、モンテビデオ総督リオ・デ・ラ・プラタ副王領の最後の副王である。

経歴[編集]

ラス・ピエドラスの戦い

1767年スペインパンプローナで生まれた。1807年から1809年までモンテビデオ総督に務めた。五月革命によってプリメラ・フンタが設立され、副王バルタサル・イダルゴ・デ・シスネロスが退任すると、これに対抗して自らをリオ・デ・ラ・プラタ副王と宣言した。1811年1月に正式に副王に任命され、同年にガルバシオ・アントニオ・デ・ポサーダスを軍司令官に任命しホセ・ヘルバシオ・アルティーガスに挑んだが、ラス・ピエドラスの戦いで敗北し、1812年1月に副王を辞任した。これによって約40年間続いたリオ・デ・ラ・プラタ副王領は終焉を迎えた。辞任後にスペイン本国に戻り、1822年に獄中で亡くなった。

先代:
バルタサール・イダルゴ・デ・シスネロス
リオ・デ・ラ・プラタ副王
1811年 - 1812年
次代:
廃止