フランク・ゴールドスミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランク・ゴールドスミス
Frank Goldsmith
Gthumb.svg
生誕 Franck Adolphe Benedict Goldschmidt
フランク・アドルフ・ベネディクト・ゴルトシュミット

1878年11月28日
ドイツの旗 ドイツ帝国フランクフルト・アム・マイン
死没 (1967-02-14) 1967年2月14日(88歳没)
フランスの旗 フランスパリ
国籍 ドイツの旗 ドイツ帝国イギリスの旗 イギリス
別名 Francis Benedict Hyam Goldsmith
フランシス・ベネディクト・ハイム・ゴールドスミス
民族 ユダヤ人
職業 政治家、実業家
純資産
肩書き 国会議員
政党 保守党
敵対者 ジョージ・バーナード・ショー
ウィリアム・ギアリー卿英語版
配偶者 マルセル・モーリエ
子供 エドワード・ゴールドスミス(長男)
ジェームズ・ゴールドスミス(次男)
アドルフ・ゴールドシュミット(父)
アリス・マートン(母)
親戚 レオポルド・ゴールドシュミット(伯父)
マクシミリアン・ゴールドシュミット=ロスチャイルド英語版(叔父)

フランク・ベネディクト・ハイアム・ゴールドスミス(Francis Benedict Hyam Goldsmith、1878年11月28日 - 1967年2月14日[1][2]は、億万長者の実業家であり、イギリス保守党の政治家である。1910年から1918年まで下院議員を務め、その後フランスとイギリスで高級ホテル王となった。

人生とキャリア[編集]

フランク・アドルフ・ベネディクト・ゴルトシュミットは、ユダヤ系ドイツ人であるゴールドシュミット・ファミリーであり、1895年にロンドンに永住した億万長者の実業家であるアドルフ・ベネディクト・ハイム・ゴルトシュミット[3]ジョセフ・ベンジャミン・モーセ(別名モーセ・マートン)の娘であるアリス・エマ・モーセ・マートン(1835年 - 1898年)の息子として、1878年にドイツのフランクフルトで生まれた。祖父のベネディクト・ハイム・サロモン・ゴールドシュミットは銀行家であり、B・H・ゴールドシュミット銀行の創業者、そしてトスカーナ大公国の領事であった。

フランクはサフォークにある一家の持つ2500エーカー(10平方キロメートル)の田舎の土地で育った。マグダレン・カレッジ英語版オックスフォード大学で教育を受け、法律の優等学位英語版を獲得し、1902年にインナー・テンプルによってコール・トゥ・バー英語版に認定された。

1903年にゴールドスミスはウェストミンスター市議会英語版に選出され、メンバーとして4年間在籍した。1904年、セントパンクラス南部英語版を代表するロンドン郡議会英語版のメンバーに、ウィリアム・ヘンリー・ホートン・ギャストレールとともに地方自治体の改革者として選出され、進歩党英語版から立候補していたジョージ・バーナード・ショーウィリアム・ギアリー卿英語版の両方を破った。1908年にイギリス陸軍のサフォーク・ヨーマニー英語版少尉となったと報じられている[4]。1904年から1910年にフランクは、教育と特別支援学校に大きな関心を示し、多くの委員会で活躍し、市政改革党英語版にむち打っていた。また、ユダヤ人の多くの慈善団体に関与し、ロシア帝国からのユダヤ人の移住に関わる団体を支援して、ユダヤ人保護委員会の移住委員会のメンバーになった。


出典[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ジョージ・アレクサンダー・ハーディー
ストウマーケット選出庶民院議員
1910年1月 - 1918年
選挙廃止