アドルフ・ゴールドシュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Adolphe Goldschmidt
アドルフ・ゴールドシュミット
Gthumb.svg
生誕 アドルフ・ベネディクト・ハイム・ゴールドシュミット
1838年?月?日
ドイツの旗 ドイツ・フランクフルト
死没 1918年4月6日
イギリスの旗 イギリス・ロンドン
国籍 ドイツの旗 ドイツイギリスの旗 イギリス
民族 ユダヤ人
職業 銀行家、投資家
子供 フランク・ゴールドスミス
ベネディクト・ゴールドシュミット(父)
親戚 マクシミリアン・ロスチャイルド英語版(兄)

アドルフ・ゴールドシュミットAdolphe Benedict Hayum Goldschmidt1838年?月?日-1918年4月6日)は、ユダヤ人の銀行家、投資家であり、ゴールドシュミット・ファミリー・バンクの共同相続人であった。

父は、ベネディクト・ハイム・サロモン・ゴールドシュミットで、トスカーナ大公の領事であり、銀行家であった。 父親の死後、ヨーロッパで最も裕福なファミリーであった彼と兄のマクシミリアン英語版は、1893年に銀行を閉じて、フランクフルトを離れることを決意した[1]

後にミンナ・ロスチャイルドと結婚してマクシミリアン・フォン・ゴールドシュミット・ロスチャイルドとなる兄のマクシミリアンはベルリンに移り、アドルフは最初にパリに移って、それからロンドンに移り、メイフェアで豪邸を購入した。 彼はまた、サフォークに2500エーカー(10平方キロ)の国が所有していた土地を買った。 アドルフと彼の妻は美術品のコレクターになり、彼らは、ルイ15世ルイ16世の家具など多くの高価な作品を獲得した。 アドルフは銀行業に戻りたくはなかったが、ヘルバート・ワグ・アンド・カンパニーのパートナーとなり、債券にも投資した。

彼はまた、南アフリカの鉱山支配や、デビアスのダイヤモンドや石油ビジネスに興味を持ち、中央鉱業投資法人の持分を確保しました。 アドルフは名前を " Goldsmith "(ゴールドスミス)と英語表記に改め、保守派政治家のフランク・ゴールドスミスの父であり、そして、怪物ジェームズ・ゴールドスミスの祖父であった。

関連項目[編集]

出典[編集]