フランキー・マニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランキー・マニング
Frankie Manning.png
フランキー・マニング
生誕 (1914-05-26) 1914年5月26日
フロリダ州ジャクソンビル
死没

2009年4月27日(2009-04-27)(94歳)


ニューヨーク, マンハッタン
別名 Frank Manning
"Muscle head" Manning
職業 振付師, ダンサー
子供 チャズ・ヤング マリオン・マニング フランキー・マニング・ジュニア
公式サイト http://www.frankiemanning.com

フランキー・マニングFrankie Manning, 1914年5月26日 - 2009年4月27日[1]は、アメリカ合衆国のダンサー、インストラクター、振付師。 マニングは、リンディホップ英語版の創始者の1人と見なされる。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

マニングは1914年にフロリダ州ジャクソンビルで生まれる。ダンサーだった母親は夫と別れた後、3歳のマニングを連れてハーレムに移り住んだ。マニングは幼少時からダンスを始める。母親は彼を夏休みを過ごすために父親と共にサウスカロライナ州エイキンにある祖母と叔母の農場に送り、そこでダンスに関する大きな影響を受けることとなる。土曜日になると農場の労働者と地元の住民は、音楽を演奏するためにハーモニカと洗濯桶を持って農場の入口に集まってきた。そして、祖母は内気なフランキーにヤードで出て他の人たちと踊るよう励ました。ひとたびダンスの輪の中に入ると、フランキーは本当にダンスの雰囲気をつかみ始めた。そして、彼は踊りを止めようとはしなかった。ニューヨークに戻ると母親がハロウィンのダンスのためにダンス会場を飾り付けるのを手伝うように彼を誘い、その日の夜9時から行われるダンスパーティーに連れて行くことを約束した。その後彼は1927年からルネッサンス・ボールルームでダンスを始めるようになった。彼は母親がフォックストロットやワルツのような正式なダンス場のスタイルで踊っているのをバルコニーから見て驚いた。それまで彼が見た母親のダンスは、近所のハウスパーティーでのよりゆるくてカジュアルなスタイルだけであった。彼はその日の夜遅く母親と踊り、その後母は「フランキー、あなたは決してダンサーにはなれない。なぜならあなたは固すぎるから。」と話した。フランキーは本当に母親を愛しており、彼女を喜ばせたかった。これが彼がダンスを学びたかった理由であった。彼は寝室のビクトローラでレコードを聴き、ほうきや椅子を使って「柔らかく」なろうとダンスを練習した。成長すると彼はより上手なダンサーが集まるサヴォイ・ボールルームに通うようになる。サヴォイはニューヨークの唯一の総合ダンス場でもあった。彼は30年代、サヴォイに頻繁に通い、最終的にはエリートと名門出のダンサーが踊ることができる「カートのコーナー」(即席の競技会が行われたダンスフロアの角)のダンサーとなった。


出演作品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]