フセイン・ナジャディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フセイン・ナジャディ(英語Hussain Ahmad Najadi、1938年 - 2013年7月29日)は、バーレーン生まれのイラン人実業家で、マレーシアAM銀行の創業者として知られた。

来歴[編集]

フセインは、1938年にバーレーンイラン人の両親の間に生まれた[1]。マレーシアにわたった後[2]、1975年にAM銀行を創業した。AMとはArab-Malaysianの頭文字をとったものである。1978年から1985年にかけて、政府保有の金融機関であるMalaysian Industrial Development Finance Berhad (MIDF)の社外取締役を務めた。 2013年7月29日、フセインは妻とともに中国寺院を訪問中、射殺された[3]

人物[編集]

国籍はイランで、マレーシアの永住権を取得していた。妻はマレーシア人である[4]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ Whelan, edited by John (1983). Bahrain. London: Middle East Economic Digest. pp. 120–121. ISBN 0-9505211-7-5. http://books.google.com/books?id=ZoQOAAAAQAAJ&pg=PT132 2011年2月9日閲覧。 
  2. ^ それまでに、金融犯罪で8年間バーレーンで投獄されていた、とする報道がある。http://www.gulf-daily-news.com/NewsDetails.aspx?storyid=358303
  3. ^ 妻は重傷を負ったものの一命はとりとめた
  4. ^ http://www.gulf-daily-news.com/NewsDetails.aspx?storyid=358303