フォールディングタイプカヤック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォールディングカヤック
カヤックのフレーム

フォールディングタイプカヤック (フォールディング・カヤック)は、分解可能な組み立て式のカヤックのこと。船体布とフレームで構成される。他にインフレータブルと呼ばれる空気注入式の船や、両方の利点を活かしたハイブリッド式の船もある。

1907年ドイツクレッパー社de:Klepper Faltbootwerft)によって世界で初めて製品化されたファルトボートde:Faltboot)が有名で、フォールディングカヤックのことをファルトボートと呼ぶ人も多い。

フォールディングカヤックによるシー・カヤッキング(西表島・白浜港)

日本では1980年代にアウトドアブームや野田知佑の影響、カヤックを保管するのが困難な日本の住宅事情とあいまって普及した。船体のスタイル(デザイン)にはメーカーごとの個性の違いがある。自動車がなくても公共交通機関で移動ができるなどの利便性があり、川旅に向いているカヤックである。日本の川は川幅が狭く急流であることやダムの乱造により水量が少ない場合が多く、船底をこすると穴があきやすい欠点がある。また、帰宅後に洗浄や乾燥などの作業が必要である。

主に静水域や難易度の低い流水域で使用されるが、技術如何によってはある程度のグレードの高い川でも使用できる。また近年、強度を持った製品も発売され、使用の幅は広がっている。

関連項目[編集]