フォスフォフィライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォスフォフィライト(燐葉石) phosphophyllite
フォスフォフィライト
フォスフォフィライトの結晶
分類 リン酸塩鉱物
化学式 Zn2Fe2+(PO4)2・4H2O
結晶系 単斜晶系
へき開 完全
断口 不平坦、貝殻状
モース硬度 3-3.5
光沢 ガラス光沢
海緑色薄荷色青緑から水色無色。産地によって差異がある。
条痕 白色
比重 3.05-3.14
屈折率 1.594-1.623
複屈折 0.02
蛍光 多彩、
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

フォスフォフィライト英語: phosphophyllite)とは、リン酸塩鉱物に分類される稀な鉱物の一種。Zn2Fe2+(PO4)2・4H2Oという化学組成を持ち、ペグマタイトや金属鉱床の二次鉱物として生成する。phosphophylliteという名前は、リン酸塩であること及び劈開の様子から、リンを意味する英語のphosphorusと、ギリシャ語で植物のを意味するphyllonという単語を合成して名付けられた。和名は燐葉石(りんようせき)。コレクターによって希少性と繊細な青みがかった色が高く評価されている。フォスフォフィライトは壊れ易く、脆いためカットされることはほとんどなく、大きな結晶は貴重過ぎるため壊されることはほとんどない。[1]

双晶フォスフォフィライト、ボリビア産。 2.1 x 1.4 x 1 cm。

主な産地[編集]

ボリビアポトシにあるセロ・リコ銀山から採れたフォスフォフィライトは色味が強く美しかったが、1950年代末にはフォスフォフィライトが産出した鉱床は採掘が終わってしまった。上記のほか、オーストラリアアメリカドイツザンビアなどで産出している。しばしば黄銅鉱トリフィライトと結びついたものが見つかる。[2]


出典[編集]

  1. ^ Hall, Cally (1994). Gemstones. Great Britain: Dorling Kindersley. p. 127. ISBN 0-7513-1026-3. 
  2. ^ The mineral phosphophyllite”. Amethyst Galleries, Inc. 2006年12月16日閲覧。

外部リンク[編集]