フエンラブラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fuenlabrada

Flag of Fuenlabrada.svg   Escudo Fuenlabrada.jpg

Fuenlabrada Central.jpg
Flag of the Community of Madrid.svg マドリード州
Flag of the Community of Madrid.svg マドリード県
コマルカ アレア・メトロポリターナ・デ・マドリード
面積 39.41 km²
標高 664m
人口 195,864 人 (2014年)
人口密度 4,969.91 人/km²
住民呼称 Fuenlabreño
自治体首長
(2015年)
マヌエル・ロブレス
(PSM-PSOE)
守護聖人 サンティシモ・クリスト・デ・ラ・ミセリコルディア
Fuenlabradaの位置(スペイン内)
Fuenlabrada
Fuenlabrada
スペイン内のフエンラブラダの位置
Fuenlabradaの位置(マドリード州内)
Fuenlabrada
Fuenlabrada
マドリード県内のフエンラブラダの位置

北緯40度17分00秒 西経03度48分00秒 / 北緯40.28333度 西経3.80000度 / 40.28333; -3.80000座標: 北緯40度17分00秒 西経03度48分00秒 / 北緯40.28333度 西経3.80000度 / 40.28333; -3.80000

フエンラブラダFuenlabrada)は、スペインマドリード州にあるムニシピオ(基礎自治体)。 マドリードの南約22.5kmに位置する。マドリード州内では、マドリード、モストレスアルカラ・デ・エナレスに次いで人口が多い。

歴史[編集]

フエンラブラダの名は、おそらく泉fuente)と形作る(labrada)から生じたとされている。これは、現在はフエンラブラダの一地区となっているロランカに、12世紀以降、フエンラブラダの前身となる村があったことを意味している。1970年には人口2000人程度しかなかったが、その後70もの教育機関が集まったことの影響もあり、現在はマドリード首都圏を形成する都市で、産業とサービス業が主要産業である。国内でも若年人口の多い基礎自治体の一つでもある。2000年にはフアン・カルロス国王大学スペイン語版がキャンパスを設置した。80年に渡る転入の過程で、住宅を求める若者がやってきて、同様に土地投機が非常に盛んになった。

人口[編集]

フエンラブラダの人口推移 1842-2011
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[1]、1996年 - [2]

スポーツ[編集]

バスケットボールクラブのバロンセスト・フエンラブラダは1981年に創設され、1996年にスペイン1部リーグに初昇格した。リーガACBや2部のリーガLEBに所属している。5,700人収容のフェルナンド・マルティン・スポーツセンターをホームアリーナとしている。

CFフエンラブラダはフエンラブラダを本拠地とするサッカークラブであり、3部リーグであるセグンダ・ディビシオンBに在籍している。2015年には元スペイン代表のフェルナンド・モリエンテスが監督に就任した。2011年に完成した2,500人収容のエスタディオ・フェルナンド・トーレスをホームスタジアムとしている。このスタジアムはフエンラブラダ出身のサッカー選手であるフェルナンド・トーレスの名前を冠している。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]