フィブリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィブリア
Fibria S.A
種類 公開会社
市場情報 BM&F BovespaFIBR3
NYSEFBR
本社所在地 ブラジルの旗 ブラジル
サンパウロ
設立 2009年
業種 紙・パルプ
従業員数 15,000人
主要株主 Votorantim GroupBNDES
主要子会社 アラクルーズ・セルロース、VCP
外部リンク http://www.fibria.com.br/
テンプレートを表示

フィブリアFibria S.A)は、ブラジルにおけるパルプ製紙メーカーである。2009年9月1日、ブラジルの製紙業界を牽引していたアラクルーズ・セルロース(en)とVCP(en) が合併して誕生した[1]

この合併により、フィブリアは、ブラジル5つの州にある7つの工場で年間600万トン以上の製紙生産能力を保有することとなった。また、フィブリアは本社をサンパウロに構える一方で、北京en:Csomádハンガリー)、香港マイアミニヨンスイス)の5箇所に事業所を設け、海外展開も実施している。

2017年以降、トレスラゴアスの主力パルプ工場の能力を向上させ、ユーカリを原料とする短繊維パルプ生産で世界トップメーカーの座を確実なものにする見込み[2]

フィブリアは、ニューヨーク証券取引所サンパウロ証券取引所に上場している。

脚注[編集]

  1. ^ Fibria, a new company is born”. アラクルーズ・セルロース. 2009年11月21日閲覧。
  2. ^ Fibria社は短繊維パルプ増産で34億レアルを投資 ブラジル日本商工会議所(2017年12月6日)2017年12月16日閲覧