フィオナ・グラハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sayuki playing flute

フィオナ・グラハムは、メルボルン生まれの人類学者、日本で芸者として働くオーストラリア人である。

2007年12月、1年間の修行期間を経て、グラハムは紗幸という芸名で浅草で正式に芸者としてお披露目した[1]。今では早稲田大学国際教養学部で芸者文化およびアニメの中の日本社会を教えている。いくつかの芸の修行を受け、横笛三味線などを主な芸としている。

略歴[編集]

彼女は慶應義塾大学で、最初の学位である心理学学位を取得し、白人女性として初めて同校を卒業しました。[2]またオックスフォード大学において社会人類学の博士号とMBAを取得している。2001年にオックスフォード大学で博士号を取得する前は、日本で何年にもわたって報道によるフィールドワークを行っていた。その間報道通信社で働いていたり、ロイター通信社ジャーナリストとして、またNHKで番組製作者として働いていたりした。

経歴[編集]

彼女は15歳の時に交換留学生として来日している[3]

紗幸が芸者として活動するきっかけとなったのは、映画SAYURIである。芸者の世界を知らない西洋人がこれを観たときに、あくまでフィクションにもかかわらず、現実と勘違いしかねず、そのイメージを払拭したいということだった。しかし今では、「プロジェクトとして始めましたが今はそれ以上に没頭しています。がんばって一人前の芸者になりたい」と語っています[3]

アメリカの文化人類学者ライザ・ダルビーが外国人初の芸者であるという意見があるが、1970年代に芸者としてお座敷に出ているが正式な修業期間を経ていない。[4]。それに対して紗幸は、外国人だからと特別扱いされることはなく通常1年ほどの修行期間を経て、2007年12月18日に正式に芸者としてお披露目を果たしている。[3]

Sayuki in Tokyo with one of her trainees

東京浅草組合は芸者は4年以上活動した上で、置屋の推薦を受け、組合が認めた場合には独立できると語っている。しかし紗幸が外国人であるという理由だけで認められなかった。組合は芸者として働くには日本国籍を有するという条件が規約にあると語っているが、それ以前に組合は彼女の独立を想定していなかったようだ。[5]

受賞歴[編集]

  • 2014 Invited by the Japanese Government to speak and perform at the 150th Anniversary of Swiss-Japan relations
  • 2013 Invited to Hyper Japan funded by Tokyo Government and British Air
  • 2010 Nominated for Japanese Government funding (JSPS) by the semi-governmental Nichibunken Research Institute
  • 2005 Winner, Asia Television Forum Superpitch, Asia’s premier television market: won the prize for the top documentary idea and pitch, judged by a panel of international broadcasters and Singapore’s Media Development Authority.
  • 2005 NUS Faculty of Arts and Social Sciences Research Support Fund ($5,000)
  • 2000 Foreign Correspondents’ Club of Japan Journalism Prize ($5,000)
  • 1995-6 Waseda University Research Scholarship (2 years)

著書[編集]


出典[編集]

外部リンク[編集]