フィオナ・グラハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sayuki playing flute

フィオナ・グラハムは、メルボルン生まれの人類学者、日本で芸者として働くオーストラリア人である。

2007年12月、1年間の修行期間を経て、グラハムは紗幸という芸名で浅草で正式に芸者としてお披露目した[1]。年齢のため[2]半玉といった見習い期間はなかった。1970年代にアメリカのリザ・ダルビーが初めての西洋生まれ芸者となっているが、グラハムは「彼女は正式なトレーニングを受けていない」と語っている[3]。いくつかの芸の修行を受け、横笛を主な芸としている。

グラハムは15歳の時に交換留学生として来日した[4]。初の学位は慶應義塾大学で受けた人間科学[5]。その後、オックスフォード大学で社会人類学の博士号とMBAを取得している。彼女は芸者の仕事について「最初はプロジェクトとして始めましたが今はそれ以上に没頭しています」と述べている[4]

Sayuki in Tokyo with one of her trainees

東京浅草組合は芸者は4年以上活動した上で、置屋の推薦を受け、組合が認めた場合に独立できるといっている。彼女によると外国人だからという理由で組合は独立を許可しなかったという。組合は芸者として働くには日本国籍を有するというのが条件であると認めている。[6][7]

出典[編集]

  1. ^ Turning Japanese: the first foreign geisha, The Independent, (2008-01-24), http://www.independent.co.uk/news/world/asia/turning-japanese-the-first-foreign-geisha-773167.html 2009年6月2日閲覧。 
  2. ^ Corkill, Edan (2008年6月29日). “Aussie geisha speaks out”. The Japan Times. The Japan Times Ltd.. 2009年6月3日閲覧。
  3. ^ Hyslop, Leah. “Liza Dalby, the blue-eyed geisha”. The Telegraph. 2011年7月31日閲覧。
  4. ^ a b “史上初の外国人芸者紗幸さんインタビュー”. 日豪プレス: p. p.22. (2008年4月). http://www.sayuki.net/Documents/Nichigo%20Press%20article.pdf 2010年5月23日閲覧。 
  5. ^ 夕学五十講』講師紹介ページ, 慶応大学, (2011-05-20), https://www.sekigaku.net/Sekigaku/Default/Normal/InstructorIntroduction.aspx?SGInstructorID=558 2012年5月10日閲覧。 
  6. ^ 共同通信 (2011年6月6日). “外国人芸者の独立ダメ…業界組合「想定外」と困惑”. (スポニチ掲載). 72011-08-07閲覧。
  7. ^ サーチナ (2011年6月7日). “先輩に従わず勝手放題…日本初の外国人芸者、除名される”. (中国網). 2013年6月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • Inside the Japanese Company by Fiona Graham, Curzon Press, 2003, ISBN 0-415-30670-1
  • A Japanese Company In Crisis: Ideology, Strategy, And Narrative (Contemporary Japan) by Fiona Graham, Routledge, 2005, ISBN 0-415-34685-1

外部リンク[編集]