ファントリド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファントリド
Phantolide[1]
識別情報
CAS登録番号 15323-35-0
特性
化学式 C17H24O
モル質量 244.37 g mol−1
外観 白色の結晶
匂い ムスク香
融点

35-40℃

沸点

102-113℃(26.7Pa)

有機溶媒への溶解度 アルコール、油類に可溶
危険性
半数致死量 LD50 1.7g/Kg(ラット、経口)
関連する物質
関連する多環状ムスク トナリド
ガラクソリド
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ファントリド: Phantolide)は、化学式C17H24Oで表される、多環状合成ムスクの一つである。1900年代前半から研究が行われ[1]ニトロ基を持たない初の合成ムスクとして製品化された[2]。ファントリドの名称は、Polack's Frutal社の商標である[1]

用途[編集]

大環状ムスクと同様の、動物臭を思わせる強い香りと保留性を持ち、アルカリや光に安定する特徴から、石鹸化粧品向けの比較的低価格の香料として使用される[2]ヨノンサンダルウッドの香りとの調和が良好である。通常は立体異性体の混合物の結晶として市販されるが、ペースト状の製品もある[1]光毒性を示すため、日光に当たる皮膚に使用する際は5%以下での調合が望ましい[2]

合成[編集]

p-シメンと、硫酸触媒として2-メチル-2-ブタノール、または酢酸と硫酸を触媒として2-メチル-2-ブテンのいずれかからメチルインダンを得て、これを塩化アセチルアセチル化することにより合成される。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『合成香料』
  2. ^ a b c 『香料の物質工学』

参考文献[編集]

  • 湖上国雄『香料の物質工学 -製造・分析技術とその利用』地人書館、1995年、132頁。ISBN 4-8052-0491-5
  • 印藤元一『合成香料 化学と商品知識』化学工業日報社、2005年、411-412頁。ISBN 4-87326-460-X