ファロ大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファロ大聖堂

ファロ大聖堂ポルトガル語: Sé Catedral de Faro)は、ポルトガルファロにあるカトリック教会大聖堂。大聖堂が建てられている場所は、かつて古代ローマ時代はフォルムが建てられており、その後のイスラーム支配下ではモスクが建てられていた[1][2]レコンキスタによって12世紀にポルトガル王国が建国され、その後13世紀になってブラガ大主教D. João Viegasが聖母マリアに捧げるためにこの大聖堂を建てた。1540年にジョアン3世司教座聖堂の地位を、シルヴェス大聖堂英語版からこの大聖堂に移したが、1596年にイングランド王国エセックス伯による攻撃で破壊され[3]、1722年と1755年の地震によっても大きな被害を受けた。その後、塔の1階部分と2つのチャペル部分を除いて改築された。建物内部は3つの身廊が並んでいる形状で、トスカナ式オーダーの柱で支えられており、中央身廊の内陣には聖母マリア、聖ペテロと聖パウロの像が飾られている[4][5]。聖堂内の装飾品は17世紀から18世紀にかけてのものである。

参考文献[編集]

  1. ^ Historvius : Faro Cathedral
  2. ^ Portugal Tourist Info : Faro Cathedral
  3. ^ Cathedral of Faro”. Heritage Search. Instituto de Gestao do Patrimonio Arquitectonico e Arqueologico. 2013年9月8日閲覧。
  4. ^ Algarve Regional Tourism Board  : Visiting Faro
  5. ^ flickr : Altar en la Catedral de Faro中央身廊内陣の写真

座標: 北緯37度00分48秒 西経7度56分05秒 / 北緯37.01333度 西経7.93472度 / 37.01333; -7.93472