ファロファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファロファ

ファロファ(Farofa)は、炙ったキャッサバの粉の混合物である[1]。主にブラジル国内で食べられる。袋詰めされ市販されているが、各々のレシピで家庭でも作られる。多くのレシピでは、食塩、燻製肉、スパイスが咥えられる。混合物の粒度は、ブルグルクスクス程度から、食卓塩程度の細かいものもある。非常にスモーキーで若干塩味があり、バーベキューシチューの肉の味を引き立たせる。

ブラジルでは、生のキャッサバ粉をバター、食塩、ソーセージ、オリーブ、タマネギ、ニンニク、固ゆで卵、ベーコンとともに、黄金色になるまで炙る。フェジョアーダ[1]やブラジル風バーベキューには欠かせない付合せである。またブラジルでは、鶏肉の中に詰めて料理に使うこともあるが、その際にはレーズン、ナッツ、リンゴやバナナ等の果物のみじん切りを加える。

ファロファはメインコースと共に提供され、食べる前に味付けのために上に振りかけたり、それ自体を付合せとして食べたりする。コメが一緒に食べられることも多い。

西アフリカでは、キャッサバ粉を使ったガリとして知られる料理がある。

出典[編集]

  1. ^ a b Zeldes, Leah A. (2010年2月3日). “Eat this! Hearty Brazilian feijoada, just in time for Carnival!”. Dining Chicago. Chicago's Restaurant & Entertainment Guide, Inc.. 2010年2月5日閲覧。