ピエール・エチュバステール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピエール・エチュバステールPierre Etchebaster, 1893年12月8日 - 1980年3月24日)はフランステニス選手。1928年、ジュ・ド・ポーム(リアルテニス)の世界選手権に初優勝し、以降、1954年に競技を引退するまで26年にわたってそのタイトルを保持した。リアルテニス界における「20世紀で最も有名なプレーヤー」[1]とされる。1978年、国際テニス殿堂入りした。

生涯[編集]

フランス、バスク地方サン=ジャン=ド=リュズに生まれる。バスクの伝統スポーツであるペロータ・バスカの経験者で、もともとマノ[2]のプレーヤーであったが、第一次世界大戦の兵役から帰還してのち、マノに加えてパラ[3]、システラ[4]の3種目でそれぞれフランス国内チャンピオンとなった。

1922年、フランスのテニス国内王者でパリのジュ・ド・ポームクラブの代表だったジャック・ウォルト[5]は、ペロータに秀でたバスク人ならばジュ・ド・ポームに向くと考え、エチュバステールにトライアウトを受けさせた。このわずか10分ほどのトライアウトによってエチュバステールのテニス転向が決まり、「朝に野球のバットを手にした人物が午後にはヤンキースでプレーするようなもの」とされた[6]

ウォルトの読みどおり、エチュバステールはジュ・ド・ポームの世界で頭角を現す。1927年に世界チャンピオンに初挑戦、翌1928年にはロンドンのプリンシーズコートで行われた世界選手権で初優勝し、そのタイトルを獲得した。

さらにエチュバステールは、1930年(対ウォルター・キンセラ戦)、1937年(対オグデン・フィップス戦)、1948年(対フィップス戦および対ジェイムズ・ディール戦)、1949年(対フィップス戦)、1950年(対アラステア・マーティン戦)、1952年(対マーティン戦)の計7回[7]にわたってタイトルを防衛した。この世界選手権8連覇の記録は、2008年にオーストラリアのロブ・フェイ(Robert Fahey)が9連覇するまで破られなかった。

1930年、ニューヨークのラケット・アンド・テニス・クラブに拠点を移し、1955年に引退するまで同クラブでプロフェッショナルを務めた。引退の年にレジオンドヌール勲章を受章している。著作にPierre's Book: The Game of Court Tennis(1971年)がある[8]。トレードマークは青いベレー帽だった。1978年、国際テニス殿堂入り、1980年、故郷のサン=ジャン=ド=リュズで没した。

アメリカの詩人マリアン・ムーア(Marianne Moore)は「様式(Style)」(1956年)という詩の中で、フィギュアスケーターのディック・バトンとともにエチュバステールを題材にとりあげている[9]

[編集]

  1. ^ International Real Tennis Professional Association. “A History of the World Championship at Real Tennis” (英語). 2009年6月10日閲覧。
  2. ^ トリンケットと呼ばれる屋内コートにおいて素手で行うペロータの一種。
  3. ^ 木製のラケット状の道具を用いるペロータ。
  4. ^ 籠状の道具を用いるペロータ。バイヨンヌのバスク博物館にはエチュバステールが使っていたジュ・ド・ポームのラケットやボールとともにペロータのシステラもある。cf. Musée Basque et de l'histoire de Bayonne. “Les collections du Musée Basque et de l'histoire de Bayonne – Baionako Euskal Museoa” (フランス語). 2009年6月16日閲覧。
  5. ^ パリ・オートクチュールの父と呼ばれるシャルル・ウォルトの一族に生まれた人物で、妻はカルティエ創業者一族の出身。
  6. ^ Carmelo Urza (1993年). “The Singular Case of Pierre Etchebaster and Court Tennis” (英語). Basque Studies Program Newsletter, Issue 48. Center for Basque Studies, University of Nevada, Reno. 2009年6月16日閲覧。
  7. ^ International Tennis Hall of Fame. “Pierre Etchebaster” (英語). 2009年6月16日閲覧。
  8. ^ Department of Rare Books and Special Collections (2007年12月17日). “The Survival of Court Tennis as an International Sport” (英語). Tennis: an exhibition celebrating the William D. Haggard III Tennis Collection. University of South Carolina Libraries. 2009年6月10日閲覧。
  9. ^ 森田孟「機会詩人の画家と幻想――マリアン・ムーアの世界」『文藝言語研究. 文藝篇』筑波大学文藝・言語学系、1994年3月25日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]