ビーフィーター・ジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Summer of gin.JPG

ビーフィーター・ジンBeefeater Gin)とは、ロンドン・ドライ・ジンの一種。2015年現在はペルノ・リカール傘下のブランドとなっている。

ラベルには赤い制服を身に纏ったヨーマン・ウォーダー(通称ビーフィーター)の姿が描かれている。ビーフィーター社創立者のジェームズ・バローは、その芳醇で力強い風味を持つ製品の名称に、屈強なことで知られた「ビーフィーター」の名を採用した。

トウモロコシ大麦から蒸溜した蒸留酒をベースにして、ジュニパー・ベリーコリアンダーなどで風味付けがなされているが細かい事は不明。成分の浸透のためにアルコール度数は最低40%以上で製品化される。1820年に初めて発売された時からそのレシピは変えられていない。

ビーフィーターの通常のボトルは、アルコール度数40度のものと47度のものがある。また、プレミアムジンとして、アルコール度数50度の「クラウン・ジュエル」、アルコール度数35度で洋梨の香りがついた「ウェット」がある。

ビーフィーター・ジンを使ったカクテル[編集]

外部リンク[編集]