ビントゥニ湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビントゥニ湾
Teluk Bintuni
BirdsHeadPeninsula Topo.jpg
場所 ニューギニア島
座標 南緯02度20分 東経133度25分 / 南緯2.333度 東経133.417度 / -2.333; 133.417座標: 南緯02度20分 東経133度25分 / 南緯2.333度 東経133.417度 / -2.333; 133.417
 インドネシア
テンプレートを表示

ビントゥニ湾インドネシア語: Teluk Bintuni)はニューギニア島北西部のドベライ半島の付け根の西側にある湾。ベラウ湾内湾となっており、ベラウ湾より東に伸びている。

湾口は20kmほどであり、湾の岸辺は多くが湿地となっている[1]。50万ヘクタール近いマングローブ林が広がり、アジア第2、世界でも第3の面積を誇り、インドネシアのマングローブの25%に相当するとされる。なお、12万ヘクタールがビントゥニ自然保護区に指定されている。

行政上はインドネシア西パプア州に属しており、周辺地域はこの湾から名づけられたトゥルク・ビントゥニ県という名前であり、北岸にビントゥニ英語版市が存在する。

[編集]

  1. ^ "Sector 5: Southwest Coast of Irian Jaya and off-lying Islands" Sailing directions (enroute): New Guinea (Publication 164, 8th edition) Maritime Safety Information Division, National Geospatial-Intelligence Agency, Bethesda, Maryland, OCLC 63680167