ビリオム石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビリオム石(villiaumite)
分類 ハロゲン化鉱物
化学式 NaF
結晶系 立方晶系等軸晶系
へき開 完全
モース硬度 2 - 2.5
光沢 ガラス質
赤色
比重 2.79
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

ビリオム石(ビリオムいし、: Villiaumite)またはビリオマイトは、フッ化ナトリウムからなる希少なハロゲン化鉱物である。水に非常に溶けやすく、紫外線照射下で蛍光するものもある。モース硬度は2.5で、一般に赤色、ピンク色または橙色を呈する。人体には有毒である[1][2]

結晶の放射線損傷の結果、512nmのブロードな吸光ピークを持ち、赤色を呈する[3]

概要[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mindat.org
  2. ^ Webmineral
  3. ^ Villiaumite Visible Spectra (350 - 1050 nm)”. 2013年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月29日閲覧。

関連項目[編集]