麃公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒョウ公から転送)

麃公(ひょうこう、生没年不詳)は、中国戦国時代末期のの将軍。

経歴[編集]

紀元前246年秦王政が即位すると、将軍に任じられる[1]

紀元前245年の巻(現在の河南省平頂山市付近)を攻め、首を斬ること3万であった[2]

参考文献[編集]

登場作品[編集]

漫画[編集]

秦国大将軍の一人で、麃公軍を率いている。蛇甘平原の戦いで大将軍呉慶を討ち取るが、対合従軍戦で趙国三大天の一人・龐煖との一騎討ちで戦死。
函谷関を守る守将として登場。配下の王翦桓齮楊端和を指揮し秦軍総帥・蒙驁とその息子の蒙武らと信陵君と龐煖が起こした2度の合縦軍と対峙する。

脚注[編集]

  1. ^ Wikisource reference 史記 秦始皇本紀第六. 史記/卷006#始皇帝. - ウィキソース. 史記 秦始皇本紀第六 始皇帝元年の項
  2. ^ Wikisource reference 史記 秦始皇本紀第六. 史記/卷006#始皇帝. - ウィキソース. 史記 秦始皇本紀第六 始皇帝二年の項