ヒゲイノシシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒゲイノシシ
Bornean Bearded Pig at Bako National Park, Borneo.jpg
ヒゲイノシシ
Sus barbatus
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : イノシシ亜目 Suina
: イノシシ科 Suidae
: イノシシ属 Sus
: ヒゲイノシシ Sus barbatus
学名
Sus barbatus
Müller1838
和名
ヒゲイノシシ
英名
Bornean bearded pig
亜種

Sus barbatus oi
Sus barbatus barbatus

ヒゲイノシシ (学名:Sus barbatus)は鯨偶蹄目イノシシ科に属する種である。[2] 長いあごひげが特徴で、尻尾が房状になっている個体も見られる。 東南アジアスマトラ島ボルネオ島マレー半島およびスールー諸島などその周辺の島々の熱帯雨林マングローブに生息している。家族で生活し、生後18カ月から繁殖が可能となり、イノシシ科の他種との交雑種が見られることもある。

亜種[編集]

ヒゲイノシシの頭蓋骨

現在、2種類の亜種が確認されている。[2]

  • S. b. barbatus
  • S. b. oi

ボルネオ島に生息する個体は主に原名亜種のヒゲイノシシ(S. b. barbatus)と呼ばれ、スマトラ島に生息する個体はニシヒゲイノシシ(S. b. oi)と呼ばれている。マレー半島に生息する個体はかつてはニシヒゲイノシシであると考えられていたが、遺伝学的な研究により、ボルネオ島に生息する個体と同種であるとされるようになった。[3] バンカ島では2亜種の中間種が生息している。[3] パラワンヒゲイノシシはかつてヒゲイノシシの亜種として分類されていたが、遺伝学的かつ形態学的に別種であることが示され、系統学的種概念の下で1つの種とされるようになった。ただし、系統学的種概念は他の種の概念よりその明確さに欠けるため、別種とするためにさらに情報が必要とされている。[3]

飼育されている動物園[編集]

サンディエゴ動物園で飼育されているヒゲイノシシ。

かつて飼育されていた動物園[編集]

ドイツミュンヘンのヘラブルン動物園で飼育されていたヒゲイノシシ。

脚注[編集]

  1. ^ Kawanishi, K.; Gumal, M. & Oliver, W. (2008年). "Sus barbatus". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2008. International Union for Conservation of Nature. Retrieved 2009年4月5日. Database entry includes a brief justification of why this species is of vulnerable.
  2. ^ a b Grubb, P. (2005). Wilson, D.E.; Reeder, D.M., eds. Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Johns Hopkins University Press. ISBN 978-0-8018-8221-0. OCLC 62265494.
  3. ^ a b c Lucchini, Meijaard, Diong, Groves and Randi (2005). New phylogenetic perspectives among species of South-east Asian wild pig (Sus sp.) based on mtDNA sequences and morphometric data. J. Zool., Lond. 266: 25–35
  4. ^ San Diego Zoo Website”. 2018年2月27日閲覧。
  5. ^ ZooChat Gallery, Last Bornean Bearded Pig in AZA”. 2018年2月27日閲覧。
  6. ^ Zootierliste Homepage”. 2016年11月28日閲覧。
  7. ^ ZooChat”. 2018年2月27日閲覧。
  8. ^ ISIS (2011). Sus barbatus.[リンク切れ] Version 12 Jan 2011