パラレリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パラレリズム対句法平行構造平行体並行体Parallelism)とは、全体に一定のパターンを与える目的で、2つ以上のの部分に類似の形式を与えることを指す。

  • In a democracy we are all equal before the law. In a dictatorship we are all equal before the police. - Millôr Fernandes

上の2つの文からなる一節を比較してみると、以下のようなパラレルな構造であることがわかる。

In a democracy we are all equal before the law.
In a dictatorship we are all equal before the police.

概略[編集]

さまざまな種類のパラレリズムは、ヘブライ語の聖書の詩(Biblical poetry)の主とした修辞技法である[1]。事実、「parallelismus membrorum」(詩行などの集団のパラレリズム)という言葉は、Robert Lowthがその著書『Lectures on the Sacred Poetry of the Hebrews』(1787年)の中で造った言葉である。ロマーン・ヤーコブソンは、祖国ロシアを含む世界中の詩=文学伝統の中の非宗教的パラレリズム研究を開拓した[2]

さらに漢詩もその初期にはパラレリズム(対偶、対句)を使っていた。パラレルな対句の中で、その内容(話の部分、神話的かつ歴史地理学的な引喩)はそれぞれが釣り合っている必要があるだけでなく、口調もお互いに対になっていなければならなかった。口調さえも語形変化を伴って結合し、その逆も同じである[3]

[編集]

他には、以下のような例がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Parallelism"カトリック百科事典(1913年)New York: Robert Appleton Company.
  2. ^ Jakobson, Roman. 1987. "The Poetry of Grammar and the Grammar of Poetry." In Language in Literature. K. Pomorska and S. Rudy, eds. Pp. 121-144. Cambridge, MA: The Belnap Press of Harvard University.
  3. ^ Chinese Poetry