パマキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パマキン
IUPAC命名法による物質名
N,N-diethyl-N'-(6-methoxyquinolin-8-yl)pentane-
1,4-diamine
臨床データ
胎児危険度分類  ?
法的規制  ?
識別
CAS登録番号 491-92-9
ATCコード  ?
PubChem CID 10290
化学的データ
化学式 C19H29N3O 
分子量 315.453 g/mol

パマキン(: pamaquine)とはマラリアの治療に使用される8-アミノキノリン製剤の一つ。パマキンはプリマキンに類似している。獣医学領域では、ウシの小型ピロプラズマ症に有効であるが、副作用として貧血や流産が起こることがある。

歴史[編集]

パマキンは最初の合成抗マラリア薬である。

参考文献[編集]

  • 吐山豊秋著 『新編家畜薬理学 改訂版』 養賢堂 1994年 ISBN 4842594047