パブロ・ピニジョス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パブロ・ピニージョス Football pictogram.svg
名前
本名 Pablo Pinillos Caro
カタカナ パブロ・ピニージョス・カロ
ラテン文字 Pablo PINILLOS
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1974-07-09) 1974年7月9日(42歳)
出身地 ムリージョ・デ・リオ・レサ
身長 173cm
体重 71kg
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1996
1996-1997
1997-1999
1997-1999
1999-2000
2000-2003
2003-2005
2005-2011
スペインの旗 CDカラオーラ
スペインの旗 ポンテベドラ
スペインの旗 デポルティーボB
スペインの旗 デポルティーボ
スペインの旗 トレド
スペインの旗 SDコンポステーラ
スペインの旗 レバンテ
スペインの旗 R・サンタンデール
35 (5)
34 (0)
64 (0)
7 (0)
40 (0)
110 (2)
65 (0)
172 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年5月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パブロ・ピニージョス(Pablo Pinillos, 1974年7月9日 - )は、スペインラ・リオハ州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(右サイドバック)。

経歴[編集]

1996年にセグンダ・ディビシオンB(3部)のポンテベドラCFに移籍する前は1日8時間の煉瓦工として働きながらプレーしていた[1]。1997年にデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍したが、2シーズンで7試合しか出場できず、再び下部リーグに活躍の場を求めた。なお、CDトレドSDコンポステーラでセグンダ・ディビシオンBに3度降格し、レバンテUDセグンダ・ディビシオン(2部)へ1度の降格を経験しており、SDコンポステーラではセグンダ・ディビション昇格、レバンテUDではプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格を経験した。このように、1999年から2005年までの期間は毎シーズン昇降格を繰り返した。レバンテUDに所属していた2005年1月には、練習中に愛車のBMWのガラスを割られ、携帯電話を盗まれる事件に遭った[2]。2004-05シーズンはセグンダ・ディビシオン降格となった。

2005年夏、レバンテUD時代の恩師マヌエル・プレシアード監督が率いるラシン・サンタンデールに移籍。守備陣に不可欠な選手となり、キャプテンも任された。2007-08シーズンにはリーグ戦でディフェンダー最多の32試合(2716分)に出場し、6位となって歴史的なUEFAカップの出場権獲得に携わった。2008-09シーズン、34歳のピニージョスはリーグ戦で29試合に出場し、UEFAカップでは3試合に出場した。2009年4月のアスレティック・ビルバオ戦(1-2)でプリメーラ・ディビション初得点となるPKを決めた[3]。2009-10シーズンは23試合に出場し、2010-11シーズンはリーグ戦20試合に出場(先発は19試合)した。2010年9月23日のセビージャFC戦(1-1)では開幕から3連勝の相手に対して引き分けに持ち込む同点弾を決め、2011年2月のヘタフェCF戦(1-0)では決勝点となるPKを決めた。ラシン・サンタンデールでは6シーズンで公式戦通算189試合に出場し、全クラブ通算ではプリメーラ・ディビシオンとセグンダ・ディビシオン合わせて354試合に出場した。2011年7月上旬、37歳にして現役引退を発表し、同時にラシン・サンタンデールのコーチ就任を発表した[4]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ El fútbol según Pinillos La Voz de Galicia、2008年10月15日 (スペイン語)
  2. ^ マンチェフとピニージョスの携帯が練習中に盗難livedoorスポーツ、2005年1月12日
  3. ^ Athletic Bilbao 2-1 Racing Santander ESPN Soccernet、2009年4月26日
  4. ^ Pinillos pasa a formar parte del staff técnico del Racing ラシン・サンタンデール公式サイト、2011年7月11日 (スペイン語)

外部リンク[編集]