パフィアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

数学、特に線型代数において、パフィアン(ぱふぃあん、: Pfaffian)とは、交代行列に対して定義される斉次多項式。交代行列の行列式は、パフィアンの2乗で表されるとともに、パフィアンにおいても行列式における関係式と類似の関係式が成り立つ。表現論組み合せ論において応用されるほか、数理物理においては、可積分系の方程式のソリトン解の表示や可解格子の1種であるダイマー模型分配関数の計算等に応用される[1]。パフィアンという語は、その性質を研究したイギリスの数学者アーサー・ケイリーによって、名づけられたものであり[2]、最初にパフィアンを導入したドイツの数学者J. F. パフ英語版に因むものである[3]

定義[編集]

一般的定義[編集]

2n 次の交代行列 A = (aij)1≦i, j≦2n (aij = −aji) に対し、

で定義される n 次の斉次多項式 Pf(A)n 次のパフィアンと呼ぶ。但し、F2n2n 次の対称群 S2n の部分集合で、

を満たすものとして定義される。現れる項の重複を許すならば、

という表示も可能である。但し、

である。

外積代数による導入[編集]

ベクトル空間 V の基底 e1, e2, …, e2n を用い、外積代数 Λ(V) における2形式

を定義すると、その n 乗の外積

であり、自然な形でパフィアンが現れる。

記法[編集]

パフィアンを表す記法としては、Pf(A) のほかに、行と列の区別を排した

といった記法がある。また、スコットランドの数学者トーマス・ミューア英語版によって導入された行列式の記法 |A| において右上半分だけ表示する、

も用いられる。

[編集]

便宜上、F2n の元である置換 σ順列 (σ(1), …, σ(2n)) の形で表すこととする。

n = 1 のケース

n = 1 のときの F2 の元は (1, 2) だけであり、その符号 sgn(σ)+1 であるから、

となる。

n = 2 のケース

n = 2 の場合には、F4 の元は (1, 2, 3, 4), (1, 3, 2, 4), (1, 4, 2, 3) であり、それぞれの符号 sgn(σ) は、+1, −1, +1 であるから、

となる。

性質[編集]

基本的な性質[編集]

最も基本的な性質は、交代行列 A に対して、その行列式との間に成り立つ関係式

である。また、2n × 2n の交代行列 A と任意の 2n × 2n 行列 B に対して、

が成り立つ。

また、任意の n × n 行列 B について、

.

が成り立つ。

展開公式[編集]

2n × 2n の交代行列 A に対し、A から i, j 行、i, j 列を取り除いた 2(n − 2) × 2(n − 2) の交代行列を A(i, j) と表すと

が成り立つ。但し、2行目において、ˆ は、その成分をとり除くことを意味する。これは行列式における余因子展開に相当する。

脚注[編集]

  1. ^ P. W. Kasteleyn, "The statistics of dimers on a lattice. I. The number of dimer arrangements on a quadratic lattice". Physica 27 (12) pp. 1209–1225 (1961). doi:10.1016/0031-8914(61)90063-5
  2. ^ A. Cayley, "On the theory of permutants," Cambridge and Dublin Mathematical Journal 7 , pp. 40–51 (1852).
  3. ^ J. F. Pfaff, "Methodus generalis, aequationes differentiarum partialium, nec non aequationes differentiales vulgares, utrasque primi ordinis, inter quotcunque variabiles, completi integrandi," Abhandlungen der Königlich-Preuß ischen Akademie der Wissenschaften zu Berlin, Mathematische Klasse , pp. 76–136 (1814).

参考文献[編集]

関連項目[編集]