パトリック・ヘンリー・シェリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パトリック・ヘンリー・シェリル(Patrick Henry Sherrill、1941年11月13日 - 1986年8月20日)は、アメリカ合衆国オクラホマ州エドモンドの郵便局員。

職場でを乱射し、自殺した。

"Going postal"と言うアメリカ英語スラングの由来でもある。

銃乱射事件[編集]

当時、シェリルはオクラホマ州エドモンドの郵便局で配達員をしていたが、その勤務態度は酷く怠慢であり、過去に二度停職処分を受けていた。

1986年8月19日の午後、その勤務態度から2人の上司に叱責される。そして翌日の午前8時過ぎ、45口径の自動拳銃2挺と百発の銃弾を入れた郵便袋を肩にかけた彼はタイムカードを押してから前日自分を叱った上司の一人を手始めに殺害した。その後局内の人間を次々に殺しまわり、最期に上司の椅子に座ってから、自らの頭部を銃で撃ち抜き自殺した[1]

15分間の事件で14人の犠牲者、6人の重傷者を出した。

犠牲者[編集]

  • パティ・ハズバンド(48・主任)
  • リチャード・エッシャー(38・主任)
  • パトリシア・ギャバード(47・事務員)
  • ベティ・ジャレッド(34・事務員)
  • ヨンナ・ハミルトン(30・事務員)
  • パティ・ウェルチ(27・事務員)
  • パトリシア・チャンバーズ(41・パートタイム事務員)
  • ジュディ・デニー(41・パートタイム事務員)
  • トーマス・シェイダー(31・パートタイム事務員)
  • ジェリー・パイル(51・配達人)
  • ケネス・モレイ(49・配達人)
  • ルロイ・フィリップス(52・配達人)
  • ポール・ロックニー(33・配達人)
  • ウィリアム・ミラー(30・配達人)

Going Postal[編集]

この事件から、アメリカで"Going postal"というスラングが生まれた。「怒りで発狂する」「ブチ切れる」などの意味で使用される。

関連項目[編集]

ポスタル - アメリカのRunning With Scissors社が制作したパソコンゲーム。本事件を由来とするスラングからタイトルを付けたといわれている。

脚注[編集]

  1. ^ Patrick Henry Sherrill”. 2014年10月10日閲覧。