パトリス・ルムンバ名称民族友好大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシア諸民族友好大学

パトリス・ルムンバ名称民族友好大学(Patrice Lumumba Peoples' Friendship University、ルムンバ大学)は、ソビエト連邦共産主義建設のための学校であった。パトリス・ルムンバ民族友好大学ルムンバ民族友好大学ともいう[1]。ソ連崩壊以降、1992年2月5日、ロシア諸民族友好大学(Peoples' Friendship University of Russia)として学校名が変更された。

概要[編集]

設立[編集]

アジア中東アフリカラテンアメリカ地域にある友好国からの留学生に対して、共産主義思想及びその経済政策を教えるための大学として、冷戦下の1960年に設立された。1961年にアフリカ独立運動の旗手であったコンゴ民主共和国の指導者であるパトリス・ルムンバを讃えて「パトリス・ルムンバ」という名称を加えた。

なお、第二次世界大戦前のソ連には同様の目的を持って設立された東方勤労者共産大学が存在した。その対象をアジア地域からアフリカラテンアメリカに広げる形で復活したといえるものである。開校当初はおよそ60ヶ国の国々から600名前後の学生が来ていたとされる。

かつては[編集]

国際的テロリストイリイチ・ラミレス・サンチェスカルロス・ザ・ジャッカル)や、他にも多くの発展途上国革命家やテロリストが留学していたことがあり、テロリスト養成校と称された時代もあった。

日系ロシア人議員イリーナ・ムツオヴナ・ハカマダの母校でもある。

現在[編集]

1991年のソ連崩壊以降、1992年2月5日、学校名をロシア諸民族友好大学(РУДН; Российский университет дружбы народов)に変更。

ロシア連邦首相ウラジーミル・プーチンの娘、マリアも在籍していた。

現在は、152か国の大学生や大学院生2万8000人が学び、500以上の民族の学生を薫陶している最先端の国際的な学術拠点。

国際交流の名門学府として、ロシア大学ランキングでは上位を維持、BRICS諸国の大学ランキングでは上位100位にランクイン、世界大学ランキング500校に入るロシアの大学10校のうちの1校でもある。

校舎の中央棟の前には、「五大陸」のそれぞれの5人の若人が団結して、「地球」を支えている意義が込められた像が立っている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]