パウル・ハインリヒ・ゲルハルト・メーリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
P. H. G. Möhring

パウル・ハインリヒ・ゲルハルト・メーリンク(Paul Heinrich Gerhard Möhring 、1710年7月21日 - 1792年10月28日)はドイツの医師、鳥類学者である。

略歴[編集]

ニーダーザクセン州イェファーで牧師の8人兄弟の最初の子供に生まれた。地元の学校で学んだ後、ダンツィヒのアカデミッシェン・ギムナジウム(Akademisches Gymnasium Danzig)で医学を学んだ。ダンツィヒの学校には解剖学のヨハン・アダム・クルムスや博物学のクライン(Jacob Theodor Klein)がいてメーリンクは影響を受けた。1733年に ヴィッテンベルク大学から学位を得て、イェーファーに戻り、医師を開業した。1743年にイェーファーの領主、アンハルト=ツェルプスト家の王子、ヨハン・ルートビヒ2世(Johann Ludwig II. Von Anhalt-Zerbst)の侍医、評議員に任命された。

植物学、鳥類学を研究し、同時代の多くの学者と交流した。交流のあった各国の学者には、ファン・ドゥーフェレン(Gualtherus van Doeveren)、アルブレヒト・フォン・ハラー、ローレンツ・ハイスターカール・フォン・リンネハンス・スローンクリストフ・ヤーコブ・トロゥー、ヴェルホーフ(Paul Gottlieb Werlhof)がいる。鳥類の分類の著作、"Avium Genera"が最も知られている。鳥類の分類に関するもっとも初期の著作で鳥類を4つのクラスに分類した。

リンネによってナデシコ科の植物の属名、Moehringiaに命名された。

著作[編集]

  • "De inflammationis sanguineae theoria mechanica", 1733.
  • "Historiae medicinales", 1739.
  • "Avium genera", 1752.
  • Geslachten der Vogelen 1758.[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WorldCat Identities Publications by Möhring.