バースカラ衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バースカラ衛星インド人工衛星インド宇宙研究機関により作成され、1号機と2号機が存在する。インド初の低軌道地球観測衛星遠隔測定法海洋学水文学に関するデータを集めた。名称は二人のインド人数学者バースカラ1世バースカラ2世に由来する。

バースカラ1号[編集]

重量444kg、高さ1.66m、直径1.55m。1979年6月7日、ソ連のカプースチン・ヤールより打ち上げられた。インド2つ目の人工衛星で、軌道傾斜角が50.7度、近点394km、遠点399km[1]。2台のテレビカメラとマイクロ波放射計を搭載し、海面、地表のデータを収集した。しかし、カメラは機能不全であった。1981年3月に正式に運用終了した[2]

バースカラ2号[編集]

重量436kg。1981年11月20日、ソ連のカプースチン・ヤールより打ち上げられた。軌道傾斜角が50.7度、近点368km、遠点372km[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Bharat-rakshak.com Indian satellite systems
  2. ^ National Space Science Data Center Header Bhaskara”. 2010年3月1日閲覧。

関連項目[編集]