バルバラ・ラジヴィウヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バルバラ・ラジヴィウヴナ
Barbara Radziwiłłówna
ポーランド王妃
Cranach the Younger Barbara Radziwiłł.jpg
ルーカス・クラナッハ (子)による肖像画(1553年頃)
出生 1520年12月6日
ヴィリニュス
死去 (1551-05-08) 1551年5月8日(30歳没)
クラクフ
埋葬 1551年6月23日
ヴィリニュス大聖堂
配偶者 ノヴォグルーデク県知事スタニスロヴァス・ゴシュタウタス
  ポーランドジグムント2世
父親 イェジ・ラジヴィウ
母親 バルバラ・コランカ
テンプレートを表示
バルバラを看取るジグムント王、ユゼフ・シムレル

バルバラ・ラジヴィウヴナ:Barbara RadziwiłłównaBarbora Radvilaitė, 1520年12月6日 - 1551年5月8日)は、リトアニアの名門貴族ラジヴィウ家出身の貴族女性。ポーランド王ジグムント2世の2番目の妃となった。 

生涯[編集]

ヘトマンイェジ・ラジヴィウとバルバラ・コランカの娘として生まれた。当時の記述によると、バルバラは当時のヨーロッパ世界でも有数の美人として知られていた。長身(約162cm)ですらりとしており、ブロンドの髪と白い歯の持ち主だったという。また服装や化粧にも気を遣い、常に白粉と香水を用いたという。両親より良い教育を施されたため、母語であるリトアニア語はもちろん、ベラルーシ語ポーランド語ラテン語を読み書きできた。1537年、ノヴォグルーデク県知事スタニスロヴァス・ゴシュタウタスと結婚したが、5年後の1542年に死別した。

ジグムントの後添えとなったのは1547年で、多くのポーランド貴族(シュラフタ)らの反対を押し切ったものだった。カトリック教徒が多数を占めるポーランド・リトアニアにおいて、バルバラは少数派のカルヴァン派信徒だったことと、政略的には何の見返りも望めない、ジグムントの恋愛結婚だったためであった。ジグムントの母ボナ・スフォルツァも反対し続け、2年もの間議論を続けた結果、物別れに終わった。1550年12月、バルバラはついにポーランド王妃として戴冠した。バルバラと国王との結婚はポーランド、リトアニア両国におけるラジヴィウ家の権勢を大いに高め、実兄のミコワイ・ラジヴィウ・ルディ、従兄のミコワイ・ラジヴィウ・チャルヌィらが国王の外戚として権力を掌握した。

ところが戴冠式からわずか5ヶ月後の1551年5月8日、バルバラはクラクフで急死した。彼女の死に王は打ちのめされ、人々は何の証拠もないものの、バルバラは王母ボナに毒殺されたと噂した。彼女は故郷リトアニアに埋葬されたいと望んだため、遺体はヴィリニュスに運ばれ、ヴィリニュス大聖堂に納骨された。