バリンデヒドロゲナーゼ (NADP+)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バリンデヒドロゲナーゼ (NADP+)
識別子
EC番号 1.4.1.8
CAS登録番号 37255-39-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

バリンデヒドロゲナーゼ (NADP+)(valine dehydrogenase (NADP+))は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

L-バリン + H2O + NADP+ 3-メチル-2-オキソブタン酸 + NH3 + NADPH + H+

反応式の通り、この酵素の基質L-バリンH2ONADP+、生成物は3-メチル-2-オキソブタン酸NH3とNADPHとH+である。

組織名はL-valine:NADP+ oxidoreductase (deaminating)で、別名にvaline dehydrogenase (nicotinanide adenine dinucleotide phosphate)がある。

参考文献[編集]

  • Kagan ZS, Kretovich WL, Polyakov WA (1966). “Biosynthesis of valine by reductive amination of its keto analogue in plants”. Enzymologia. 30: 343–66. PMID 6005410. 
  • Kagan ZS, Poliakov VA, Kretovich VL (1968). “[Soluble valine dehydrogenase from roots of plant seedings]”. Biokhimiia. 33: 89–96. PMID 4385962. 
  • Kagan ZS, Poliakov VA, Kretovich VL (1969). “[Purification and properties of valine dehydrogenase]”. Biokhimiia. 34: 59–65. PMID 4389825. 
  • Behal V (1988). “Isolation and characterization of valine dehydrogenase from Streptomyces aureofaciens”. J. Bacteriol. 170: 5192–6. PMID 3182727.