バラシンガジカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バラシンガジカ
バラシンガジカ
バラシンガジカ Cervus duvaucelii
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
: シカ科 Cervidae
亜科 : シカ亜科 Cervinae
: Cervus
: バラシンガジカ C. duvaucelii
学名
Cervus duvaucelii Cuvier, 1842
和名
バラシンガジカ
英名
Barasingha
Swamp deer

バラシンガジカCervus duvaucelii)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)シカ科に分類されるシカ。別名インドヌマジカ

分布[編集]

インドネパール

形態[編集]

体長180cm。尾長12-20cm。肩高110-135cm。体重170-182kg。頸部には鬣状に体毛が伸長する。腹面は淡黄色の体毛で被われる。

眼下部にある臭腺(眼下腺)は発達する。蹄は長い。これにより接地面が大きくなり、ぬかるんだ場所でも足をとられずに移動する事ができる。後肢の踵には臭腺(中足腺)がない。

夏季は背面が赤褐色、冬季には背面が黄褐色の体毛で被われる。幼獣は白い斑点が入る。

オスには左右に5-7本ずつ枝分かれした角がある。和名や英名(barasingha)は「12本の角」の意。角の長さは89cm。

分類[編集]

ションブルグジカを本種の亜種とする説もある。

3亜種に分かれるとされる。

  • Cervus duvaucelii duvaucelii Cuvier, 1823 - など

生態[編集]

標高100-300mにある落葉広葉樹林内にある沼地湿原などに生息する。薄明薄暮性で昼間は茂みの中で休む。

食性は植物食で、主にを食べるが花、果実なども食べる。

繁殖形態は胎生。妊娠期間は240-250日。1回に1頭(まれに2頭)の幼獣を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、角目的の乱獲などにより生息数は減少している。1995年における生息数はインドの個体群が3,500-4,000頭、ネパールの個体群が約1,900頭と推定されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]