バラケ・シソコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ballaké Sissoko 2.JPG
Ballaké Sissoko 3.JPG
Ballaké Sissoko 6.JPG

バラケ・シソコBallaké Sissoko, 1968年生まれ)はマリ共和国コラ奏者。トゥマニ・ジャバテタジ・マハールたちと共演したことで知られる。作品「マリ新聞」でも知られる。父のディエリマリ・シソコも著名な音楽家とされる[1]

経歴[編集]

ディエリマリ・シソコの息子として知られ、グリオカーストの他の子どもと同様に、幼少期から音楽を始める[2]。マリのインストゥルメンタル·アンサンブルで演奏した後、著名な女性歌手やジャバテとの共演で知られるようになる[3]。2000年、トリオ「マンデ・タボロ」をアンゴニ奏者・バラフォン奏者と結成する。

2005年のアルバム『Tomora』にはコラにジャバテ、歌手にアルボルカドリ・バリーとロキア・トラオレとファンガ・ディアワラ、マリ国立器楽アンサンブルのヴァイオリンソリストが参加した。

2009年10月にリリースされたアルバムはクラシックチェリスト・ヴィンセント・シーガルとの共演で、フランスでは『No Format!』、アメリカではスィックス・ディグリーズ・レコーズのレーベルからそれぞれリリースされた。

2013年にシソコはソロアルバム『At Peace』をリリースし、シーガルはその中でいくつかのトラックを制作、演奏する。

盤歴[編集]

  • 1998 - Kora Music from Mali (bibiafrica records)
  • 1999 - New Ancient Strings with Toumani Diabaté (Hannibal-Ryko / Harmonia Mundi)
  • 2000 - Deli (Label Bleu/Indigo)
  • 2003 - Ludovico Einaudi/Ballake Sissoko: Diario Mali (Label Ponderosa)
  • 2005 - Tomora (Label Bleu/Indigo)
  • 2009 - Chamber Music (No Format!/Six Degrees) :シーガルと共演
  • 2011 - Humbling Tides (Talitres Records / No Format!) :Stranded Horseと共演
  • 2013 - At Peace

参照[編集]

外部リンク[編集]