バム地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バム地震
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2003年12月26日[1]
発生時刻 5:28(現地時間)
震源の深さ 10[2] km
規模    Mw6.6
被害
死傷者数 死者26,271人[3]、けが人30,000人[2]
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

バム地震(2003 Bam earthquake)は、2003年12月26日午前5時28分、イラン南東部のケルマーン州バムで起きたマグニチュード(Mw)6.6の直下型地震[4][5][6]

概要[編集]

アドベ建築や無補強レンガ組石造でできた住宅の多くが倒壊し[7]、旧市街の80%以上の建物が倒壊し[8]、死者26,271人から43,200人[8]世界遺産に登録されたアルゲ・バムはほぼ全壊し[6][7]、2004年ユネスコは同遺産を危機遺産に登録した[4]。RC構造物は比較的被害も小さいものとなった[7]

地震への反応[編集]

12月29日モハンマド・ハータミー大統領らが現地入りし緊急閣議を開いた。またイランの最高指導者であるアリー・ハーメネイーが現地入りし市民に演説、翌年1月1日にはハーシェミー・ラフサンジャーニー公益会議議長も現地で行われた犠牲者追悼式典に出席した[6]

日本からは国際緊急援助隊として医師、看護師、医療スタッフなど23名が12月28日から30日にかけて到着し1月7日までに1,051名の患者を診察し1月11日に帰国した[6]。また自衛隊機、商用機により緊急援助物資を輸送した[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]