バフチサライ条約 (1681年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バフチサライ条約ロシア語Бахчисарайский договор)は、1681年1月23日ロシア・ツァーリ国オスマン帝国の間に締結され、露土戦争 (1676年-1681年)を終結させた平和条約である。ロシア側からヴァシリー・チャプキン大佐、ニキタ・ゾトフ書記、そしてコサック国家の書記セメン・ラコヴィチ記が調印した。オスマン側からクリミア・ハン国ムラド・ゲライ汗が調印した。批准1682年に行われた。

概要[編集]

バフチサライ条約の条件は次のようなものであった。

バフチサライ条約により、ウクライナのコサック国家の領域は、ロシア・ツァーリ国とオスマン帝国の間に分割された。ウクライナ国内でこの分割はイヴァン・サモイロヴィチ将軍による外交のあやまちであると批難された。ロシアの勢力は南ウクライナと黒海北岸地域まで拡大し、条約は左岸ウクライナにおけるロシアの支配体制を磐石にした。一方、オスマン帝国はロシアとの条約を利用してポーランド・リトアニア共和国に圧力をかけ、右岸ウクライナを巡る領土争いを続けた。

参考文献[編集]

  • (ロシア語) Смирнов В.Д. Крымское ханство под верховенством Оттоманской Порты до начала XVIII века. СПб., 1887.
  • (ロシア語) Заруба В.Н. Украинское казацкое войско в борьбе с турецко-татарской агрессией (Последняя четверть XVII в.). Х., 1993.
  • (ウクライナ語) Гуржій О.І., Чухліб Т.В. Гетьманська Україна. К., 1999.
  • (ウクライナ語) Т.В. Бахчисарайський мир // Енциклопедія історії України. — Київ : Наукова думка, 2003. — Т. 1.