バックヤード ウルトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バックヤード ウルトラ: Backyard ultra)は、ウルトラマラソンの形態の一つである。競技者は、6,706 メートル (4.167 マイル)を 1時間以内に走り、それを継続させなければならない。各ラップを終了した後は、残りの時間を次のレースのリカバリーに使うことができる。

解説[編集]

バックヤード ウルトラは、始まってからちょうど1時間後までに競技者は6,704メートルを走る。これらの距離は1時間ごとに繰り返される。レースは, 最後のランナーになるか、敗北を認めた、または制限時間内にゴールできなかった時に終了する[1][2]

ランナーが1時間で走る距離は、マイルか、6,705.6メートルを切り上げて6,706メートルに設定される。24回走った競技者の総距離は、ちょうど100マイル となる。

バックヤード ウルトラは、通例6,706メートルとなるループ状のコースで開催されるが、スウェーデンでは400メートルのトラックで開催された[3]

もし、他の競技者より1回でも多く走った者が誰もいなかった場合、全ての競技者はDNFとなり勝者はいない。スウェーデンでは、最終ラップをもっとも速く走った者が勝者となった。

初のバックヤード ウルトラであるBig's Backyard Ultraは、 Lazarus Lakeが、彼の敷地で銃撃により傷ついた状態で発見されたアメリカン・ピット・ブル・テリアの「Big」に捧げるため、2012年に開催された。開催地は、その名が示すとおり彼の裏庭であるテネシー州である[4]

以降、バックヤード ウルトラは世界中で開催されるようになった。世界各地で開催されるバックヤード ウルトラの勝者にはゴールデン チケットが授与され、バックヤード ウルトラの世界選手権にあたるBig's Backyard Ultraに出走する権利を得られる。2020年時点でゴールデンチケットを授与されるレースは、23カ国で36大会にのぼる[5]

バックヤード ウルトラでの最長距離は、2018年の10月に開催されたBig's Backyard UltraJohan Steeneが樹立した68回(283.335マイル)である[6]。女性の競技者による最長距離は、2018年の10月に開催されたBig's Backyard UltraでCourtney Dauwalterが樹立した67回である。

Guillaume Calmettesは、200マイル以上の距離を3回完走した。一方、Peter Cromieは100マイル以上の距離を7回(4回は100マイル、2回は150マイル、1 回は200マイル)完走した[7]

日本におけるバックヤード ウルトラ[編集]

日本初のバックヤード ウルトラとなるBackyard Ultra Last Samurai Standing が2020年2月8日~10日にかけて開催された。勝者は42周を走った館野久幸。[8]

脚注[編集]

  1. ^ Sweden Runners - ÄBU 2017”. swedenrunners.se. 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ Big Backyard Ultra - October 15, 2016”. ultrasignup.com. 2017年7月11日閲覧。
  3. ^ Ultrafestival - Team Ultrasweden LK - Friidrott - IdrottOnline Klubb”. ultrasweden.se. 2017年7月11日閲覧。
  4. ^ Big's Backyard Ultra: A Race With No End” (英語). Trail Runner Magazine (2017年10月25日). 2020年6月14日閲覧。
  5. ^ Fredrik (2019年5月28日). “Backyard Ultra races 2020” (英語). Backyard Ultra. 2020年6月14日閲覧。
  6. ^ Big’s Backyard Ultra Gets Bigger and Bigger”. Trail Runner (2018年10月31日). 2019年2月3日閲覧。
  7. ^ BYU Lists” (英語). Google Docs. 2019年4月27日閲覧。
  8. ^ Backyard Ultra Last Samurai Standing” (日本語). www.facebook.com. 2020年6月14日閲覧。