バタフライアガマ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バタフライアガマ属
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilla
: 有燐目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Lacertilia
: アガマ科 Agamidae
亜科 : トゲオアガマ亜科 Leiolepinae
: バタフライアガマ属 Leiolepis[1]
学名
Leiolepis
Cuvier1829[2]
英名
butterfly lizards

本文参照

バタフライアガマ属 (Leiolepis) とは、アガマ科トゲオアガマ亜科に属するトカゲの1。9が属し[3]、このうち4種が単為生殖で繁殖を行う[4][5][6][7]。単為生殖をおこなうトカゲはトカゲ全体の約1%しかいない珍しい性質である[8]。また、雌雄ではっきりと体色が異なる事を特徴としている[8]。種にもよるが、ミャンマータイラオスカンボジアベトナムが主な生息地である[3]

[編集]

バタフライアガマ属の模式種は、1829年に記載されたレイオレピス・グッタタ (Leiolepis guttata) である[2]。記載の年代から言えば1827年レイオレピス・ベリアナ (Leiolepis belliana) が早いが、バタフライアガマ属に記載されたのは1947年になってからである[9]

有性生殖種[編集]

単為生殖種[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]