ハーレーダビッドソン・ダイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダイナ (Dyna ) とは、アメリカオートバイメーカー、ハーレーダビッドソンが製造しているオートバイシリーズの一種。ハーレーラインナップの中ではダイナファミリーと呼ばれている。

概要[編集]

V型ツインエンジンのFLとスポーツスターXLのフレームを合わせて誕生したFXを起源とし、専用のリアサスペンションとトランスミッションによりスポーティーな走りをする。エンジンはフレームにラバーマウントされているためバランサーはない。ハーレーダビッドソンの中で唯一FXDWGを除いてミッドコントロールとなっており、小柄な体格でも扱いやすくなっている。

ダイナファミリー[編集]

  • FXDWG - ワイドグライドとも表記。ダイナで唯一フォワードコントロールを採用している。
  • FXDF - ファットボブとも表記。
  • FXDB - ストリートボブとも表記。
  • FXDL - ローライダーとも表記。
  • FXD - スーパーグライドとも表記。
  • FXDC - スーパーグライドカスタムとも表記。
  • FXDX - スーパーグライドスポーツとも表記。

エピソード[編集]

フランシスコ法王は、ハーレーダビッドソン社製のオートバイを所有していることから、同社は2013年6月、創業110周年を記念して法王にスーパーグライドを進呈した。法王は、このオートバイを一度も乗ることなく、自らのサインをした上で慈善団体に寄付。2014年に慈善団体がオークションにかけたところ、21万1500ユーロ(約3000万円)で落札された。21世紀に製造されたオートバイとしては、最高額の取引事例となっている[1]

出典[編集]

  1. ^ “法王のハーレー、3000万円で落札”. AFP (フランス通信社). (2014年2月7日). http://www.afpbb.com/articles/-/3007917?ctm_campaign=must_read 2014年2月8日閲覧。 

関連項目[編集]