ハンヌ・ライアニエミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンヌ・ライアニエミ
Hannu Rajaniemi.jpg
誕生 (1978-03-09) 1978年3月9日(43歳)
ユリビエスカ, フィンランド
職業 小説家, 起業家
国籍 フィンランド
活動期間 2003–現在
ジャンル サイエンス・フィクション, ファンタジー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ハンヌ・ライアニエミ (Hannu Rajaniemi,1978年3月9日 – )は、フィンランド人のSF作家、ファンタジー作家。英語フィンランド語の両方で執筆活動を行う。スコットランドエディンバラ在住。広告研究団体であるThinkTank Mathsの設立者。[1]

来歴[編集]

フィンランドのユリビエスカ出身。オウル大学で数学の学士号(理学)、ケンブリッジ大学Certificate of Advanced Study in Mathematicsエディンバラ大学で数理物理学の博士号(Ph.D.)を取得。Ph.D.の取得以前に兵役によりフィンランド国防軍で研究員として従軍経験を持つ。[1] 博士論文の執筆中に, エディンバラの作家グループであるWriters' Bloc,[2] (話し言葉の言語運用の体系化を研究する団体であり、SF作家のチャールズ・ストロスをメンバーに数える。)に参加する。 2003年に処女作『Shibuya no Love』を発表し、2005年にはのSFとファンタジーのアンソロジーである『Nova Scotia』に『Deus Ex Homine』を掲載し、彼の現在の著作権代理人である John Jarroldの目に留まる。[3]

2008年の10月、ライアニニエミはGollanczが未完成の作品の最初の24ページしか読まずに[3][4]John Jarroldと3作品の出版契約を締結したことにより注目を集める。[5] デビュー作の『量子怪盗』はGollanczによりイギリスで2010年9月に[6]Tor Booksによりアメリカで2011年5月に[7][8]出版され2011年度ローカス賞 第一長篇部門にノミネートされる。[9] 続編の『複成王子』はイギリスで2012年9月に出版され、10月にアメリカで出版された。[10] シリーズ三作目の『The Causal Angel』は2014年7月にイギリス、アメリカにて出版された。[11]

受賞[編集]

著作[編集]

短編小説[編集]

部分的なリスト

  • "Shibuya no Love"
    • futurismic.com 掲載, 2005
  • "Deus Ex Homin"
  • 懐かしき主人の声 (原題:His Master's Voice)
    • Interzone 218 掲載, October 2008
    • 日本語訳版 S-Fマガジン2011年12月号掲載
  • "Elegy for a Young Elk"
  • 奉仕者(サーバー)と龍(ドラゴン) (原題:The Server and the Dragon)
    • Engineering Infinity 掲載, Jonathan Strahan 編集 ,2010年10月[16][17][18]
    • 日本語訳版 S-Fマガジン2012年12月号掲載 酒井昭伸訳

コレクター版[編集]

  • Words of Birth and Death (2006, Bloc Press), 限定版小冊子として[19]
    • The Viper Blanke
    • Barley Child
    • Fisher of Men
  • Hannu Rajaniemi:Collected Fiction (2015)[20] ISBN 978-1-61696-192-3

長編小説[編集]

  • Summerland (2018, ISBN 978-1473203273)

ジャン・ル・フランブールシリーズ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b About us”. ThinkTank Maths. 2008年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月7日閲覧。
  2. ^ Writers' Bloc » Hannu Rajaniemi”. Writers' Bloc. 2015年1月7日閲覧。
  3. ^ a b Sam Bandah (2010年11月3日). “Interview:Hannu Rajaniemi”. SciFiNow. 2015年1月7日閲覧。
  4. ^ Richard Lea (2010年11月9日). “Hannu Rajaniemi:the science of fiction”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/books/2010/nov/09/hannu-rajaniemi-quantum-thief 2015年1月7日閲覧。 
  5. ^ Jarrold, John (2008年10月6日). “Major three-book pre-empt deal for debut SF novelist”. LiveJournal. 2015年1月7日閲覧。
  6. ^ Hannu Rajaniemi on the publisher's site
  7. ^ John Jarrold (2010年7月23日). “Three-book US rights deal for Hannu Rajaniemi”. 2015年1月7日閲覧。
  8. ^ Jussi Ahlroth, Hannu Rajaniemen romaanit julkaistaan myös Yhdysvalloissa, Helsingin Sanomat, 20.7.2010, p. B 1
  9. ^ a b 2011 Locus Award Finalists”. Locus. 2011年5月13日閲覧。
  10. ^ Hannu Rajaniemi - The Fractal Prince cover art, release date, and preorder details on Upcoming4.me
  11. ^ Endgame:The Causal Angel by Hannu Rajaniemi
  12. ^ "Tähtivaeltaja Award 2012"
  13. ^ "And The Winners Are…", SF&FTA website, June 18, 2011.
  14. ^ The Locus Index to SF Awards:2011 John W. Campbell Memorial Award”. Locus. 2012年11月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月23日閲覧。
  15. ^ Campbell Memorial Award Finalists”. Locus (2013年5月10日). 2013年5月16日閲覧。
  16. ^ Tilton, Lois (2010年12月7日). “Lois Tilton reviews Short Fiction, early December”. Locus. 2015年1月6日閲覧。
  17. ^ Seel, Nigel (2011年4月11日). “Book Review:Engineering Infinity (ed) Jonathan Strahan”. ScienceFiction.com. 2015年1月6日閲覧。
  18. ^ Waters, Robert E. (2011年3月8日). “Engineering Infinity, edited by Jonathan Strahan”. Tangent. 2015年1月6日閲覧。
  19. ^ Writer's Bloc - Chapbooks”. 2014年7月31日閲覧。
  20. ^ Tachyon 2015 preview:HANNU RAJANIEMI:COLLECTED FICTION”. Tumblr. 2015年1月26日閲覧。
  21. ^ Hannu Rajaniemi - The Causal Angel announced Archived 2014年3月23日, at the Wayback Machine.

外部リンク[編集]