ハンス・フリードリヒ・ガイテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハンス・フリードリヒ・ガイテルドイツ語:Hans Friedrich Geitel1855年7月16日 - 1923年8月15日)は、ドイツ連邦(現:ドイツブラウンシュヴァイク出身の物理学者

1893年光電管を発明し、同国出身の物理学者ユリウス・エルスター英語版と共にカリウムルビジウム放射能の検討やアルカリ金属による光電効果エルスター=ガイテル効果 Elster-Geitel effect)の研究で名高い[1]

生涯[編集]

1855年7月16日、ドイツ連邦のブラウンシュヴァイクに林学者の元に生まれる。この頃から後に共同研究することになる同国出身の物理学者ユリウス・エルスター英語版と知り合っており、一緒に学校へ通っていた。

ガイテルとエルスターは共にフンボルト大学ベルリンルプレヒト・カール大学ハイデルベルクで研究を行い、その後ガイテルはヴォルフェンビュッテル英語版の学校で教師を務めていた。

1899年ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンから名誉博士号が授与され、1915年にはエルスターと共にブラウンシュヴァイク工科大学から名誉学位が授与された。

1923年8月15日、ヴォルフェンビュッテルで亡くなる。

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]