ハラタケ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハラタケ科
Agaricus campestris.jpg
アガリクスカンペストリス
分類
: 菌界
: 担子菌門
亜門 : 菌蕈亜門
: 真正担子菌綱
: ハラタケ目
: ハラタケ科

ハラタケ科真正担子菌綱ハラタケ目菌類ハラタケ属や、以前ケシボウズタケ科キツネノカラカサタケ科ホコリタケ科などに分類されていた菌類を含んでいる。Dictionary of the Fungiの第10版によるとこの分類には85属1340種が含まれるとされる[1]

シロカラカサタケ属(Leucoagaricus)やキヌカラカサタケ属(Leucocoprinus)等の種類の中にはハキリアリなどの蟻と共生するものもある[2]

ツクリタケカブラマツタケのように食用になるきのこがある一方で、クリイロカラカサタケドクキツネノカラカサのように猛毒菌もあり、カラカサタケコカラカサタケのように食用になるものと有毒のものが非常に紛らわしい場合もある。

ハラタケ属は種の判別が非常に困難であり、食用のものと間違えて毒きのこを食べてしまう可能性があり、食用に利用しないほうが無難である。

参照[編集]

  1. ^ Kirk PM, Cannon PF, Minter DW, Stalpers JA. (2008). Dictionary of the Fungi. 10th ed. Wallingford: CABI. p. 11. ISBN 0-85199-826-7. 
  2. ^ B. Hölldobler & E.O. Wilson (2009). The superorganism: the beauty, elegance, and strangeness of insect societies. New York NY: W. W. Norton & Company.