ハド・ガドヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハド・ガドヤー。Yosef Elbaz歌唱、1973年4月19日エルサレムで録音。ヘブライ語アラビア語モロッコ方言で歌われている

ハド・ガドヤーアラム語: חַד גַּדְיָא‎, chadh gadyā’, Chad Gadya[1])は、アシュケナジム系のユダヤ人の習慣として、過ぎ越しの祭りのセデルにおいて歌われる歌。「一匹の仔ヤギ」の意。

つみあげうたの一つで、一節ごとに登場人物が次第に増えていくのが特徴。アラム語とヘブライ語を混合した歌詞によるもので[2]中世ドイツ民謡に源流をもつと考えられる[3]ハッガーダーに初めて現れたのは1590年プラハにおいてで、過ぎ越し祭りのセデルで歌われる曲としてはもっとも遅く加わったものである[4]。多くのラビや著述家がこの歌を寓意を持つものと考え、ユダヤ人を巡る歴史的なもの、信仰上の修練に関わるものなど様々な解釈が提示されてきた[5]

歌詞[編集]

原語(ラテン文字転写):
  1. Khad gadya, khad gadya, de'zabin aba[6] bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  2. Ve'ata shunra, ve'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  3. Ve'ata kalba, ve'nashakh le'shunra, de'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  4. Ve'ata khutra, ve'hikah le'khalba, de'nashakh le'shunra, de'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  5. Ve'ata nura, ve'saraf le'khutra, de'hikah le'khalba, de'nashakh le'shunra, de'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  6. Ve'ata maya, ve'khavah le'nura, de'saraf le'khutra, de'hikah le'khalba, de'nashakh le'shunra, de'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  7. Ve'ata tora, ve'shatah le'maya, de'khavah le'nura, de'saraf le'khutra, de'hikah le'khalba, de'nashakh le'shunra, de'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  8. Ve'ata hashoket, ve'shakhat le'tora, de'shatah le'maya, de'khavah le'nura, de'saraf le'khutra, de'hikah le'khalba, de'nashakh le'shunra, de'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  9. Ve'ata mal'akh hamavet, ve'shakhat la'shoket, de'shakhat le'tora, de'shatah le'maya, de'khavah le'nura, de'saraf le'khutra, de'hikah le'khalba, de'nashakh le'shunra, de'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.
  10. Ve'ata haqadosh barukh hu, ve'shakhat le'mal'akh hamavet, de'shakhat la'shoket, de'shakhat le'tora, de'shatah le'maya, de'khavah le'nura, de'saraf le'khutra, de'hikah le'khalba, de'nashakh le'shunra, de'akhla le'gadya, de'zabin aba bi'trey zuzey.
    Khad gadya, khad gadya.


日本語(概要):
お父さんが二つのコインで仔ヤギを買った
仔ヤギは猫に食われ
猫は犬に噛まれた
犬は鞭で叩かれ
鞭は火で焼かれた
火は水で消され
水は牛に飲まれた
牛は屠殺人に飲まれ
屠殺人は死の天使に飲まれ
天使は神に滅ぼされた

注釈[編集]

  1. ^ アラム語の語彙なので、ヘブライ語語尾のように ガドヤー -yah# とは表記されない。
  2. ^ Birnbaum, Philip, The Birnbaum Haggadah (1976, NY, Hebrew Publ'g Co.) p. 156 「最も単純な部類のアラム語-ヘブライ語で歌われる」; Glatzer, Nahum N., The Schocken Passover Haggadah (1996, NY, Schocken Books) p. 119 「ぎこちないアラム語と散在するヘブライ語の語彙によって…」
  3. ^ Roth, Cecil, The Haggadah, A New Edition (1959, London, Soncino Press) p. 85 「専門家によってはハド・ガドヤーは、古いドイツのよく知られた童謡、『旦那様がヨケルを外へ出した』(Der Herr der schickt den Jokel aus)に基づいていると主張される。これは聖ランベルトゥス(en:Lambert_of_Maastricht)の祝日(9月17日)に広く歌われる曲である。ただ実際には、この歌自体も古いフランスの原型を模倣したものと思われる。この仮説は決して揺るぎなく確実視されるものではない」
  4. ^ Roth, Cecil, The Haggadah, A New Edition (1959, London, Soncino Press) p. 85; Idelsohn, Abraham Z., Jewish Music in Its Historical Development (1929, NY, Henry Holt & Co.) p. 361. 1526年にプラハで印刷されたハッガーダーには印刷されていないが、1590年のものにはドイツ語訳が掲載されている。 The Jewish Encyclopedia (1906, NY) vol. 8 p. 190 s.v. "Had Gadya".
  5. ^ Rabbi Kenneth Brander (2006年). “An Analysis of Had Gadya (pdf)”. YUTorah. 2017年5月8日閲覧。
  6. ^ 文字通りには「お父さんが売った」を意味する。ハッガーダーの中では、よく知られている通りの「お父さんが買った」を意味する "dizvan abah" (דִּזְבַן אַבָּא) に変更しているものもある。1839 Rodelheim Haggadah; Guggenheimer, Heinrich, The Scholar's Haggadah (1995, NJ, Jason Aronson) page 390; Hoffman, Lawrence A., My People's Passover Haggadah, volume 2 (2008, Vt., Jewish Lights Publ'g) p.223. など。

外部リンク[編集]