ハイチソレノドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイチソレノドン
ハイチソレノドン
ハイチソレノドン Solenodon paradoxus
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: Eulipotyphla
: ソレノドン科 Solenodontidae
: ソレノドン属 Solenodon
: ハイチソレノドン S. paradoxus
学名
Solenodon paradoxus Brandt, 1833[2]
和名
ハイチソレノドン[3]
英名
Haitian solenodon[1][3]
Hispaniolan solenodon[1][2]

ハイチソレノドンSolenodon paradoxus)は、哺乳綱Eulipotyphla目ソレノドン科ソレノドン属に分類される哺乳類。

分布[編集]

ドミニカ共和国ハイチ南部[2]

形態[編集]

頭胴長(体長)30 - 32センチメートル[3]。尾長21.5 - 24センチメートル[3]。頭部の背面は黒や暗褐色[2]。頸部に白い斑紋が入る[3]

吻端に独特な関節(球窩関節)がある[2]

出産直後の幼獣は体重40 - 55グラム[2][3]

分類[編集]

以下の亜種の分類は、Derbridge et al(2015)に従う[2]

  • Solenodon paradoxus woodi Brandt, 1833
  • Solenodon paradoxus woodi Ottenwalder, 2001

生態[編集]

標高2,000メートル以下(主に1,000メートル以下)にある、広葉樹からなる湿潤林に生息する[2]。夜行性だが、薄明時や降雨後などでは日中に活動することもある[2]。昼間は岩の隙間や樹洞・本種自身が地面に掘った穴などですごす[3]

主にサソリ・多足類などの節足動物を食べるが、甲殻類、陸棲の貝類、ミミズ、両生類・爬虫類・鳥類などの脊椎動物やその卵なども食べる[2]。飼育下ではマウスを殺して食べた例もある[2]

捕食者としてメンフクロウナンベイトラフズクAsio stygiusなどが挙げられ、外来種を含めるとイヌ・ネコなどにも捕食される[2]

繁殖様式は胎生。1回に1 - 3頭の幼獣を産む[2][3]。飼育下では11年以上生存した個体もいる[3]

人間との関係[編集]

2020年の時点では、以前考えられていたよりも広域(ドミニカ共和国広域)に分布していると考えられている[1]。一方で森林伐採や農地開発による生息地の破壊、イヌやネコなどによる捕食といった影響が懸念されている[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Kennerley, R., Turvey, S.T. & Young, R. 2020. Solenodon paradoxus. The IUCN Red List of Threatened Species 2020: e.T20321A22327218. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2020-3.RLTS.T20321A22327218.en. Downloaded on 09 June 2021.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Jonathan J. Derbridge et al, "Solenodon paradoxus (Soricomorpha: Solenodontidae)," Mammalian Species, Volume 47, Issue 927, 2015, Pages 100 - 106.
  3. ^ a b c d e f g h i 阿部永 「ハイチソレノドン」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2001年、142頁。

関連項目[編集]