ノー・ラーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノー・ラーマン Football pictogram.svg
名前
本名 モハメド・ノー・ビン・ラーマン
ラテン文字 Mohamed Noh bin Rhaman
基本情報
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
生年月日 (1980-08-02) 1980年8月2日(37歳)
出身地 シンガポール
身長 171cm
体重 67kg
選手情報
ポジション DF(RB)
ユース
1997-2001 シンガポールの旗 ゲイラン・ユナイテッドFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001 シンガポールの旗 ゲイラン・ユナイテッドFC 31 (1)
2002-2003 シンガポールの旗 SAFFC 40 (0)
2004-2008 シンガポールの旗 ゲイラン・ユナイテッドFC 123 (3)
2009 シンガポールの旗 センカン・パンゴール 26 (0)
2010-2012 シンガポールの旗 SAFFC 65 (0)
2013-2015 シンガポールの旗 ホーム・ユナイテッド 53 (0)
2016-2017 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 30 (2)
代表歴2
2001-2013  シンガポール 84 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2015年6月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

モハメド・ノー・ビン・ラーマンMohamed Noh bin Rahman1980年8月2日 - )は、シンガポールの元サッカー選手。ポジションはDFで元シンガポール代表

経歴[編集]

彼はSリーグの二年目である1997年からゲイラン・ユナイテッドに居り、ゲイランと過ごした時が一番長いと思われていたので、副主将として活躍した。

元々は右サイドバックであったが、守備的ミッドフィールダーやセンターバック、左サイドバックとしてもプレイする事が出来る、

2009年には11年前から関っていたゲイランを離れ、元チームメイトのアイデ・イスカンダルアモス・ブーンと共にセンカン・パンゴールに移籍した。

2013年に移籍したホーム・ユナイテッドでは主将を務めた。

代表歴[編集]

代表としてのデビューは2001年のタイ代表との親善試合である。

その後、2002 FIFAワールドカップ・アジア予選のメンバーとなった。負傷したリン・トンハイの穴を埋める為に呼ばれた彼は、キルギス代表戦、クウェート代表戦、バーレーン代表戦で活躍した。

足の怪我によって2002年の東南アジアサッカー選手権には出場できるか怪しかったものの、何とか代表として出場した。しかし、第一戦のマレーシア代表戦で低調な動きを見せ、守備は潰滅し4-0の惨敗を喫した。これによって、彼の代表としての能力は多くの者に疑われる事となった。

その後、彼はシンガポールが優勝した2004年の東南アジアサッカー選手権[1]、同じく2007年の東南アジアサッカー選手権のメンバーとして活躍した。

2010 FIFAワールドカップ・アジア予選では彼の活躍がメディアやファンによって讃えられた。

2008 AFFスズキカップではキャプテンマークを巻いたうちの一人になった他、インドラ・サフダン・ダウド主将の下で副主将を務めた。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ゲイラン・ユナイテッド

代表[編集]

シンガポール

参考文献[編集]

  1. ^ Tiger Cup squad announced”. FAS. 2014年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]