ノート:桜木健一

ナビゲーションに移動 検索に移動

山本周五郎原作の「さぶ」が雑誌の「さぶ」と混同されています。以上の署名の無いコメントは、Shinamama会話履歴)氏が[2006年6月3日 (土) 3:17]に投稿したものです(なっしゅびるによる付記)。

リンクを外し、原作者表記を追加しました。曖昧さ回避が確立されるまでリンクは外しておいた方が良いかと思います。--なっしゅびる 2006年10月26日 (木) 16:35 (UTC)

『水戸黄門』のゲスト出演数は、男性俳優では最多である の記述について[編集]

要出典とされているこの記述ですが、水戸黄門_(パナソニック_ドラマシアター)の登場人物一覧において、第101位18回の出演であり正しいとは言えません。

男性俳優では、より出演回数の多い男性俳優で、名前が知られているだろう人には、たとえば第40位30回出演 滝田裕介、第68位22回出演 村井国夫、第90位19回出演 江藤潤などがいます。 ゲスト出演とは、レギュラー出演者以外を指すか、それとも氷川きよしや加山雄三などの話題の人、森繁久彌、長門裕之、中村敦夫、江守徹、大和田伸也など俳優として特に著名な人を指すかがはっきりとしていないと思います。 水戸黄門_(パナソニック_ドラマシアター)の登場人物一覧では、レギュラー出演者以外をゲスト出演として扱っています。--Benpedia 2010年11月16日 (火) 03:59 (UTC)