ノート:東急田園都市線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このページには削除された版があります。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/東急田園都市線」をご覧ください。2009年10月28日 (水) 12:56 (UTC)

東横線と田園都市線の利用者数[編集]

何度も質問しているのですが、田園都市線の乗客数が東横線を抜いたという情報の情報源は何でしょうか? 東急や国土交通省から公式の発表があったのでしょうか。一部の鉄道ファンの間で「抜いたらしい」との噂が出ているというだけだったら、まだウィキペディアには書いてはいけない(少なくとも、断定調に書いてはいけない)と思います。是非とも情報源を教えて下さい。(乗客数と乗車率と混雑率(最も混みあう時間帯の乗車率の平均)を混同しているような気もしますが)nnh 06:07 2003年10月1日 (UTC)

返答があるかもしれませんが、一応前回調べたデータを出しときます。

  • 東急各線の利用実績(2002年度)より
  • 東横線   :《 一日平均輸送人員 1,074,071人(前年比1.1%増) 》
  • 田園都市線 :《 一日平均輸送人員 1,068,557人(前年比 0.7%増) 》

2003年度に田園都市線が東横線を抜くかどうかは微妙ですね。前年比が同じなら東横が逃げ切りますが、半蔵門線延伸効果で増加して抜くという可能性は否定しません(根拠データを知らないので)。東横の伸び率より0.5%強のプラス要因があれば抜くことになります。

しかし、現在ただいまの公式情報では、疑いなく東横線が東急で一番輸送量の多い路線です。sphl 08:49 2003年10月2日 (UTC)

「特に混雑が酷い渋谷駅~池尻大橋駅間の混雑率は190%以上と、日本で一番混雑する区間になっている。」の記述ですが、これ を見ると(一昨年のデータですが)、200パーセントを超える路線がいくつもあります。もっと新しいデータを持っている方は、いらっしゃいますか? 秀の介 05:11 2003年10月3日 (UTC)

「渋谷駅~池尻大橋駅間の混雑率は190%以上」というのはどうも2000年現在の話のようです。この辺を参照→[1]。「都市交通年報」の今年には載っているのでしょうか。今週末に本屋で見てみます。nnh 05:24 2003年10月3日 (UTC)
とりあえず、「東京の私鉄路線では一番」と書き換えてみました。 秀の介 05:36 2003年10月3日 (UTC)

2003年度に田園都市線は東横線を抜いてるようです。恐らく田園都市線沿線の人口増加が原因でしょう(半蔵門線の影響はないと思います)。大井町線・目黒線の急行運転開始で混雑が緩和されればどっちが上になるでしょうかね?--Hirotaka 2005年4月20日 (水) 05:02 (UTC)

東急によると,2005年は194%になったそうです。以上の署名の無いコメントは、222.12.34.202会話/Whois)さんが[2006年8月30日 (水) 06:25 (UTC)]に投稿したものです。

急行の評価[編集]

「急行」の説明に「メインとなる優等列車。」ってあるんですが、「メインとなる」ってどういう意味ですか? ほかでもよく見るんですが、わけのわからない説明ですね。どうしましょうか。(Anonymous Coward/2003-10-05T01:15:00+09:00)以上の署名の無いコメントは、210.194.236.220会話/Whois)さんが[2003年10月4日 (土) 16:13 (UTC)]に投稿したものです。

本数のことを言っているのであれば間違いです。ラッシュ時で各駅停車:急行=2:1、日中は4:1くらいです(「東急電車時刻表」で確認)。何か別の基準があるのでしょう。(基準も何も、イメージだけで書いているような気もしますが)nnh 17:28 2003年10月4日 (UTC)

210.194.236.220さん、「多摩田園都市の開発に伴い沿線住民も増加し、」の段落は、一応正しいと認められたことが書かれていたものですので、削除する必要はなかったのですが。でもまあ、この騒動が一段落つくまでは、削除しておいた方が良いのかも知れません。nnh 08:56 2003年10月5日 (UTC)

急行が紛れもなくメインでしょう。昼間の渋谷駅の下り急行発車時刻は,0,15,30,45ときれいに揃っています。乗車率も,各駅停車と急行では相当違います。目測では,昼間で2倍くらいの差でしょう。 また,昼間の中央林間~たまプラーザの各駅と,三軒茶屋,渋谷以遠の移動には,有効列車が急行のみです。利用者にとって,急行の存在は大きいと思います。以上の署名の無いコメントは、222.12.34.202会話/Whois)さんが[2006年8月30日 (水) 06:31 (UTC)]に投稿したものです。

履歴[編集]

「東急田園都市線」の履歴がおかしくなっています。

  • (最新版) (前の版) . . 17:38 2003年10月5日 . . 210.194.236.220 (あれれ)
  • (最新版) (前の版) . . 17:34 2003年10月5日 . . 210.194.236.220 (意味のない「メインとなる」を削除)
  • (最新版) (前の版) . . 17:07 2003年10月5日 . . 219.111.193.249 (誤りを修正)

となっているのですが、17:34 2003年10月5日の修正は、私(Nnh)による「revert、修正の前にノートの質問に答えて下さい」という要約の物の筈です。「最近更新したページ」では正しく表示されています。nnh 09:02 2003年10月5日 (UTC)

運用車両について[編集]

「運用車両」章の「01ゥ~21ゥ」などの「ゥ」ってなんですか?Utsuda 2004年9月5日 (日) 21:15 (UTC)

各運用を区別するための「運用」の「ウ」でしょうけど、解りにくいですね。 マニアや鉄道関連職種の人しか知らないでしょうから、違う表現方法を求めるべきでしょうね。べね 2006年7月24日 (月) 14:22 (UTC)

編集について[編集]

雑草取り程度ではありますが、駅データを編集しておきました。
Acfvhjkm58 2004年11月23日 (火) 06:29 (UTC)

「歴史」の項目について[編集]

「歴史」の項目に記載されている内容のうち、路線に関する内容の記事を「概要」として項目を分離し、 「歴史」の項目の部分は純粋に歴史的側面が書かれている記事のみにすべきと思うのですが、いかがでしょうか?(例えば、新玉川線にルートに関する記事を概要に移すべきかと。)べね 2006年7月24日 (月) 15:00 (UTC)

歴史に関連する記述について[編集]

当初計画にあった、池上線経由で三田線に乗り入れる(6号)から半蔵門線(11号)に変更された経緯を記載した方が良いと思います。 また、田園都市線は元々、多摩田園都市開発のために建設された路線ですので、 玉電→新玉川線の経緯については田園都市線と分離して、一項目として書いた方が良いでしょう。以上の署名の無いコメントは、219.110.157.222会話/Whois)さんが[2006年9月5日 (火) 13:45 (UTC)]に投稿したものです。

3社直通急行について[編集]

よく東急線内で急行運転を行う東武直通列車について「半蔵門線内でも急行扱いとなる」といった記述をなされることがあるようですが、これはいったいどのような意味なのでしょうか?--Unfair devil 2006年12月25日 (月) 07:22 (UTC)

以下のように、半蔵門線内では今から向かう先の列車種別を案内しています。意味はおそらくこのことなのでしょう。

行先 東急 半蔵門 東武
東武方面 急行→ 準急→ 準急
東急方面 急行← 急行← 準急
東急・東武方面(3社直通急行) 急行←→ 急行←→ 急行

----矢口 2006年12月25日 (月) 08:58 (UTC)

であれば半蔵門線内での案内は「後の直通先での種別を表示しているだけ」であり、3社直通急行であることにはなんら関係がありません。つまり、例えば東急→東武方面の電車であれば東急線内各駅停車であろうが急行であろうが、半蔵門線内では案内も扱いも変わらないはずです。よく「3社直通急行は半蔵門線内でも急行扱いとなる」といった記述がなされるのですが、別に3社直通急行でなくとも東武直通列車や半蔵門線内始発の東急線内急行運転の列車であればすべて半蔵門線内では急行扱いをしているということになるはずであり、3社直通急行にのみそのような記述をするのはいかがなものかと思うのですが。--Unfair devil 2006年12月27日 (水) 03:19 (UTC)

私もそう思います。付け加えると、東京地下鉄のダイヤ上では半蔵門線内は全列車普通として描かれているので、扱いは急行扱いをする各駅停車で案内上は急行かと思います。--矢口 2006年12月27日 (水) 08:41 (UTC)

それ以前に3社直通急行自体は阪神~神戸高速~山陽電気鉄道にも深夜に数本あり、また京成~都営地下鉄~京急にもあるので、何もこの会社のみに存在している訳ではないのでここだけ(と言うよりこの項目だけを)を「3社直通急行」としたりするのはいわゆる「東武~東京メトロ~東急POVになる」と思いますね。それでなくとも強調する必然性が感じられません。--目蒲東急之介 2007年2月28日 (水) 08:39 (UTC)

「3社直通急行」に限らず「3社直通準急」についても同様です。--teru 2008年11月26日 (水) 11:50 (UTC)

車両運用について[編集]

2006年12月26日に地下鉄半蔵門線と東急田園都市線に乗車して来たのですが、押上7:39発中央林間9:06着の30K運用は東急8500系でした。そのため、記述は間違っていると考えますが、どうなのでしょうか。30K運用に関する記述は、東急2000系電車の方にもありますが、そちらも訂正すべきなのではないかと考えます。--218.136.140.10 2006年12月27日 (水) 19:53 (UTC)

これはあくまで東急2000系が充当される可能性が高いということを述べていると思われます。実際私も30Kに8500系が充当されることを目撃したことがあり、更にダイヤ混乱時には東武乗り入れ対応編成や東京メトロ車、東武車が充当される可能性もあり得ます。(この場合は途中で車両交換される可能性が高い)したがって本文の記事に「原則」という表現を追加しました。Tokatsu Kokubu 2006年12月27日 (水) 21:33 (UTC)
迅速な回答と解説、訂正有難うございます。該当部分については自分も適宜修正していこうと思います。--218.136.140.10 2006年12月28日 (木) 16:23 (UTC)

4月5日ダイヤ改正関連の記事について[編集]

履歴を拝見していますが、来る4月5日に実施予定のダイヤ改正関連記事の微少な編集・差し戻しが目立っています。実際私も通勤で当路線を利用しているのでタイムリー事情はわかりますが、念のため当該の節単位に「予定」のテンプレートを掲出します。掲出期間は改正後の状況にもよりますが、4月中旬頃まで掲出したいと思います。Tokatsu Kokubu 2007年2月13日 (火) 02:11 (UTC)

ざっと目を通してみましたが[編集]

全体的に主観的な表現や言葉の使い方に疑問を感じる箇所(「~ですら」など)が多いように思われます。今一度客観的な目線で再読の上、適宜修正を加えられた方が宜しいかと思われます。東武経験者 2007年2月15日 (木) 09:11 (UTC)

そのような記述を削除しました。まだまだ不十分だと思いますが…。--矢口 2007年2月15日 (木) 12:27 (UTC)
あと「輸送力増強の問題点」の節は要らないと思いますね。Wikipediaは問題点を指摘する場所ではないので。いずれこの節は削除や修正も検討します。--目蒲東急之介 2007年2月28日 (水) 08:46 (UTC)

東急グループの混雑増長政策の節について[編集]

  • 東急電鉄の関連会社である、東急不動産が当沿線に大規模マンションを複数計画していることが、東急電鉄が田園都市線の混雑緩和対策に消極的のようにも読みとれる文章が記載されていますが、歴史の項にあるように、田園都市線の沿線開発が東急電鉄主導で推進されていたということは紛れもない事実なのですが、東急電鉄はかつての都市公団のような公的機関ではなく、1民間企業にすぎませんから仮に東急グループが沿線開発を縮小したところで、別の企業が同様の開発を行う可能性も否定できませんし、東急不動産は東急グループとはいえ、東急電鉄とは別法人ですから、そのことと、田園都市線の混雑問題とを結びつけるのはやや強引のような気がいたします。
また上述の視点だけで文章を構築しているのではあれば、まさにwikipediaの禁ずる「Point of view」に抵触するおそれがあり、記述の削除もしくは修正が必要かと思いますが、いかがでしょうか。--210.252.237.191 2008年1月27日 (日) 05:04 (UTC)
(賛成)記事を拝見しましたが、内容が短絡的で且つマイナスイメージを与える内容なので記述すべき内容とは言い難いと思います。--Tokatsu Kokubu 2008年1月28日 (月) 00:05 (UTC)
(賛成) 人口増加に関する記述も既出しており、削除すべき内容と思います。--せがしら 2008年1月28日 (月) 04:18 (UTC)
(コメント)すいません、ノートに議題があることに気づかずに、出典無しもしくは独自研究を理由に修正してしまいました(できれば、告知テンプレの貼り付けをお願いします)。修正後は出典引用の上で端的に人口が増加する事実と不動産の開発の事実についてのみ記したのですが、修正後の記述についてもご意見を下さい。--本屋 2008年1月28日 (月) 08:37 (UTC)
(コメント)私見といたしましては、せがしらさんのご意見の通り、あえて記載する必要のない内容、つまり全文削除が妥当かと思います。--222.151.95.140 2008年1月28日 (月) 13:12 (UTC)
人口増加については、出典の通り混雑緩和と結び付けられているので、残してもいいと思いますが。不動産の件については同意です。--本屋 2008年1月28日 (月) 13:49 (UTC)
(コメント)不動産の開発は事実ですが、東急不動産以外のマンション建設もある訳ですし、百科事典としては人口増加のみの記載でいいのではないでしょうか?--せがしら 2008年1月29日 (火) 00:18 (UTC)

なんかまたIPユーザー氏が加筆をなさいましたが、これも独自研究として出典が追加されない全削除を提案します。今後続くようでしたら、半保護を検討したほうがいいかもしれませんね。--本屋 2008年1月28日 (月) 13:49 (UTC)

様子見に来ました。混雑するエリアにマンションを建てているのは事実ですが、それによる人口増加と田園都市線の混雑を結びつける根拠がない以上、百科事典であるWikipediaには不適切だと思います。具体的データがあるのであれば別ですが。--Mizuki Ayase 2008年1月30日 (水) 17:11 (UTC)

人口増加の件もそうですが、線路容量や信号システム云々の件も独自研究のきらいがいたいします。明確な出典が必要になるかと思いますね。 別の視点から、東急は田園都市線の複々線化も行われていますし、混雑緩和に消極的とは決して言い切れないのではないでしょうか? またマンションや大規模住宅地開発容認云々ということであれば、都市計画の許認可権は自治体(この場合は横浜市や川崎市ということになるのでしょうか)の分野になりますので、批判の矛先は開発主体ではなく、自治体(お役所)ということになるとかと思いますが。その視点が明らかに欠如している以上ではPOVで間違いないかと思いますので、削除が妥当でしょう。--222.151.95.140 2008年1月31日 (木) 14:34 (UTC)
(半保護提案)とりあえず記述しないという方針に決まったようですが、今度はIPユーザによって再度記述が繰り返されるばかりでなく冒頭の表記が東急グループへの誹謗中傷ととらえられる内容で加筆されているのを目撃したので([2])このままでは収拾がつかないと判断し、半保護をせざるを得ない状況といえます。--Tokatsu Kokubu 2008年2月5日 (火) 15:23 (UTC)
(賛成)上にも書きましたが、半保護で様子をみる必要があると思います。なお、1週間程度経って反論がないため、問題の記述の削除を行います。ただし、全体的に出典が少ないように思うので、冒頭の出典テンプレは残します。--本屋 2008年2月6日 (水) 00:31 (UTC)
東急不動産のマンション造成事業と田園都市線の混雑および沿線の人口増加に関する関連性が明確になっていない以上、人口増加云々の脚注として、東急不動産の開発計画を記述するのは不適切かと思います。 そもそも鉄道の混雑問題は現在、国交省や運政審、また自治体等もさまざまな施策を講じながら取り組んでいる問題ですから、一鉄道会社のありかたを批判するスタンスそのものが偏った見方かと思います。国、自治体などがどのように取り組んでいるかなども充分に記載がない現状ではPOVといわれても仕方がないかと思います。--210.252.236.231 2008年2月7日 (木) 14:27 (UTC)
すいません、不動産の記述は消したつもりで忘れていたようです。消しなおしました。--本屋 2008年2月11日 (月) 10:51 (UTC)


これは役人の考え出した何もないことろから資金をひねり出す曲芸です。 たとえば、認可性の公共料金であるから、10円値上げするにも認可が必要なわけです。 複々線事業などで巨額の資金が必要になった場合に、この区間は本来の原価計算より10円だけ値上げしてよい、但し、その10円分相当額は特別引当金で計上、かつ無税で引き当てられます。 そして、累積引当額が当初の予算以下であれば、無税で役所の交付金を受けとることが出来ます。またその返済のために、交通料金を一定の制限値で値上げして、この分を返済準備金として無税で引き当ていることが出来ます。

ということは、複々線事業などで巨額の資金が必要になった時でも、電鉄会社は実質0円の負担で計画を遂行することが出来ます。たとえ、準備金が当初予算を下回る場合であれ、これが役所の考え出したマジックです。勿論公共事業ではないので、入札も行われず、電鉄会社の子会社である会社が全工事を請け負ったことは書くまでのことはありません。

同じ手法で、首都圏の列車の全列車が冷房完備された事例を思い出さたことと思います。何も電鉄会社が身銭も切ったわけではないのです。この手法で、電鉄会社が有形無形の利益を得たことは想像できると思います。

--TheGreatMilkyWayRailRoad 2011年5月8日 (日) 16:43 (UTC) (Sign確認)

急行の説明について[編集]

急行の節において、しばしば「長津田○○分発の列車は急行南栗橋行きで、○○分発は…」という記述がなされますが、wikipediaは利用ガイドではないですし、しばしば(ダイヤ改正ごとに)変動するものなので、記述する必要がない、むしろ記述すべきではない、ということに思うのですが、皆様のご意見を伺いたく存じます。また、「三社直通の急行は三社通して急行表示」なんていうのも、不要な説明(というかそれだけ書かれても意味がわからない)だと思うのですが、これについても。なお、当該部分は現在仮にコメントアウトにしています。--本屋 2008年4月6日 (日) 14:05 (UTC)

(不要)ダイヤについては、各社サイトで調べるなりすべき情報であり、百科事典で記述するような内容とは違うかと思います。--せがしら 2008年4月10日 (木) 12:29 (UTC)

「川崎市から設置要求があった」とする説について[編集]

東急田園都市線#二子玉川 - 溝の口間の「なお、二子新地駅から梶が谷駅までの駅間が短いのは、敷設当時に川崎市から設置要求があったためである。」という記述について、

  • 玉川電気鉄道溝ノ口線として開業した当初は、0.6-0.7kの駅間が他の区間に比べて「短い」とはいえない。
  • 開業当時の二子駅前は歓楽街、高津駅前は高津町中心地、溝ノ口駅南武鉄道接続駅および事業所等が立地する地域であったため、それぞれ駅設置に合理的理由があったと考えられる。
  • そもそも二子・高津・溝ノ口各駅の開業当時は川崎市域ではなかった。
  • その後に延伸開業した際の梶が谷駅の周辺は尾根に囲まれた地形であり、同駅がない場合の駅間は 2.3k となりむしろ長くなる。

これらの歴史的経緯や地理的条件を踏まえて考えると、当該記述の信憑性は疑わしく、しかも論拠が示されていないため検証もできないため、消しました。もし論拠がある上での記述であった場合はそれを示した上で記述してください。
--cory 連絡帳|写真集 2008年5月25日 (日) 08:11 (UTC)2008年5月25日 (日) 08:17 (UTC)


冗談もほどほどに。二子と新地が一番短い。二子多摩川の岸と岸の間のみ。 --TheGreatMilkyWayRailRoad 2011年5月8日 (日) 16:50 (UTC) (sign確認)

「田園都市線の路線延長」の最後の一文について[編集]

この箇所は、確証無しに書かれていると思われますが、除去しても良いでしょうか?

なお、当初計画では小田急江ノ島線への直通運転計画も売り文句となっていたようだ。

--Open_drain 2009年6月4日 (木) 09:55 (UTC)

出典が見つかりましたので追加しておきました。--矢口 2009年6月4日 (木) 12:01 (UTC)
貴重な情報を提供していただきましてありがとうございます。--Open_drain 2009年6月4日 (木) 13:41 (UTC)

田玉線?[編集]

歴史節の「現在」の部分に、「この一体で運転される両線を総称して"田玉線"(でんたません)とも呼んだ。」と記されています。記述されている部分の流れからして、半蔵門線から田園都市線に至るまでの直通運転が始まった1970年末からこの通称が一般的であったかのように読めます。しかし、私は(旧)新玉川線沿線に20年ほど暮らしていましたが、このように呼ばれていたのは聞いたことがありません。確かに、現在は個人サイトなどでこのように呼んでいるページを多く見つけることができますが、当時からこの略称が一般的であったという資料はあるのでしょうか?ごく一部の鉄道マニアの間のみでの通称だとしたら、この記述の仕方はあまり適切でないと思います。--けいちゃ 2009年10月27日 (火) 16:10 (UTC)

川島令三著書の「新・東京圏通勤電車事情大研究」等複数の文献に「田玉線」と書かれています。最近の文献では「田都線」(新玉川線統合により)と言う記述もあります。--目蒲東急之介 2009年10月27日 (火) 16:13 (UTC)
素早いご回答ありがとうございます。そうなんですか。逆に地元に住んでいる一般市民には知らざることなんでしょうね。--けいちゃ 2009年10月27日 (火) 16:17 (UTC)
同書 (1990, ISBN 4-7942-0381-0) p.285 に「東急田玉線」で一節を立てています。当時一般向けとして売れた本でした。
もともと正式な案内表示等には用いられない俗称であり、また都心側(乗客の主要な流動方向)である旧新玉川線側の沿線地域では正式名の「新玉川線」を日常の案内名称にも用いれば足り、わざわざ旧田園都市線側と総称する必要がないため、もしかしたら旧田園都市線側の沿線(の不動産業界など?)で主に用いられた俗称なのかもしれませんね(←以上憶測)。 --Vantey 2009年10月28日 (水) 09:21 (UTC)
  • 井原國芳; 今城光英 (1994年12月10日), “東京急行電鉄の鉄道事業を語る--設備投資を運賃をめぐって”, 鉄道ピクトリアル 44 (12臨増) 
  • 小林和明 (1994年12月10日), “輸送力増強等事業の工事区間見て歩き”, 鉄道ピクトリアル 44 (12臨増) 

で「田玉線」が使われていました。井原氏は当時東急の専務取締役で、小林氏は地元の鉄道ファンです。一般的とまでは言えなくとも、記載に値するレベルだと思いますがいかがでしょうか。--矢口 2009年10月28日 (水) 12:53 (UTC)

確かな出典がある以上は、この表現を取り除くべきだというつもりはありません。ただ、沿線に暮らしていた私もWikipediaで初めて知ったような通称ですから、これが一般論のように記されてしまうのは正直まだ疑問はあります。Wikipediaのルール的には何ら問題のない記述ですし、「新玉川線沿線では一般的ではなかったという出典を出せ」と言われても出せませんので、如何ともし難いのはわかっているのですが。この件については私から申し上げたいことはもうないので、これで収めることにします。--けいちゃ 2009年10月29日 (木) 10:56 (UTC)

渋谷駅に起因する問題について[編集]

「渋谷駅」と「東急田園都市線」の両方の記事に、渋谷駅に起因する遅延問題について書かれており、重複しているのではないかと思います。

そこで、どちらかの記事の当該項目をもう片方の記事の当該項目と統合して、記述を削除した方の記事からは統合後の項目を参照できるようリンクを張る、というような措置をとると良いかと思いますが、いかがでしょうか?--三島優一 2010年2月28日 (日) 01:50 (UTC)

沿線風景の溝の口 - 長津田間について[編集]

田奈駅・長津田駅の駅勢圏は東急の「多摩田園都市」エリアではないため東急による開発は行われていない。

とあるのですが、田奈駅に隣接する田奈町は「多摩田園都市」開発に際して行われた恩田第四土地区画整理事業によって宅地造成などが行われた地区に当たります。

  • 石橋登「組合土地区画整理事業によって作られた民間開発郊外住宅地に関する研究 : 多摩田園都市を事例として」, 京都大学博士論文, 2009年, http://dx.doi.org/10.14989/doctor.r12366
  • 恩田第四土地区画整理組合 「旧新・新旧町名地番対照表. 緑区・田奈町新町設定」, 1971, http://id.ndl.go.jp/bib/000010688497

変更案として以下のような文言を提案致します。

田奈駅の周辺は青葉台寄りの住宅地を除くと市街化調整区域となっており、農地が多くみられる。また、長津田駅の駅勢圏は東急の「多摩田園都市」エリアではないため東急による開発は行われていない。

--Open_drain会話) 2017年1月27日 (金) 18:07 (UTC)