ノート:スポーツカー

ナビゲーションに移動 検索に移動

世界初のスポーツカーの記述について[編集]

本日、「1913年のイスパノ=スイザ3.5リッター車は、世界で初めてスポーツカーと呼ばれた車。同時期のスポーツカーとして、ブガッティT13やボクスホール・プリンスヘンリーがある。」と追加しました。なお、これらの車の登場以前にも当然ながら自動車競技があるので、「自動車競技の創生期には競技用車両の事をスポーツカーと呼んでいた。」というのは、相反すると思っています。また、先の車にはフェンダーでタイヤが覆われているので、「当時のスポーツカーのほとんどは屋根がなく、またボディからタイヤが飛び出しているオープンホイールと呼ばれるデザインであった。その後、タイヤをボディに納め、フェンダでカバーする形式が登場する。」についても相反するかなと思いましたが、そこまでを調整するための裏づけをとる余裕がないが、かといって書かないと忘れてしまいそうなので、Wikipedia:編集方針#完璧でなくてもよいのです。編集を楽しんで下さいの観点から併記しました。どなたか、このあたりをうまくリファクタリングして調停できるかたよろしくお願いいたします。--Pararinpooh 2007年1月1日 (月) 15:19 (UTC)